Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

土星の衛星に生命?

NASAからまた、「驚くべき発見」が公表されました。

土星の衛星エンケラドゥス(エンケラドス、エンセラダスとも)に生命が存在する可能性が、一段と高まったのです。

 

www.huffingtonpost.jp

NASAの発表によりますと、土星を周回する探査機「カッシーニ」が、2015年10月、エンケラドゥス表面から噴出した水蒸気のサンプルを採取しました。これを分析したところ、成分の98%は水(H2O)だったものの、残り1%が水素(H2)であることが判明したのです。

エンケラドゥスから水素を検出。

…いったい、これのどこが「驚くべき発見」だというのでしょうか。

 

実を言うと水素は、深海に生息する微生物にとってはエネルギー源となりうる物質なのです。

 

エンケラドゥスは、土星の引力の作用などの結果、内部で絶えず熱が発生しているものと考えられています。

この熱が表面の氷の層を溶かすため、エンケラドゥスの地下には液体の水を湛えた広大な地下海が存在すると考えられているのです。

さて、地球の深海では、地熱で熱せられた水が噴出する「熱水噴出口」と呼ばれる箇所に、微生物が生息しているのが確認されています。

太陽の光が届かない深海にあって、彼ら微生物は水素をエネルギー源として活用することによって、生命活動を維持しているのです。

これと同様、エンケラドゥスの地下海のなかにも熱水噴出口があり、その周りに微生物が集まって、水素をエネルギー源に生息している可能性が、十分に考えられるのです。

 

今回のNASAの発表によると、エンケラドゥスにおける水素発見のほかにもうひとつ、木星の衛星エウロパに間欠泉があることが再確認されたとのことです。

エウロパの間欠泉についてはすでに去年明らかにされましたが、今回、ハッブル宇宙望遠鏡の観測によってそれが再確認されたのです。

 

木星の衛星エウロパと、土星の衛星エンケラドゥスは、どちらもともに氷でできた衛星であり、内部には液体の水を湛えた地下海が存在すると考えられています。

そのため、この2天体は現在、太陽系内において地球外生命の存在する天体の有力候補として、天文学者たちからの熱い注目を浴びているのです。

そもそもエンケラドゥスは、探査機カッシーニ土星に到着する前までは、面白みのないただの氷衛星のひとつと考えられてきました。

ところが探査機が調査を開始してみたところ、そこにはなんと間欠泉があり、さらには生命が存在する可能性までもが示唆されたのです!

いまや、エンケラドゥスは太陽系でもっとも地球外生命が存在する可能性の高い天体と考えられるまでになりました。

 

探査機カッシーニは寿命により、今年で調査を終える予定です。

その後のエンケラドゥスの探査の予定は現在では未定ですが、今回の発見を契機に、ぜひとも新しいエンケラドゥス探査計画が始動してほしいものですねっ!

書評『私の「情報分析術」超入門』

元外交官にして作家という異色の例歴を持つ佐藤優さんによる、インテリジェンスの指南書。

他の佐藤さんの著書と同様、本著もまた全編書き下ろしではなく、雑誌での連載をまとめて単行本化したものである。

 

「え、インテリジェンスの指南書? っていうとアレですか。将来のスパイの卵を育成するための本かなんかですか?」

さにあらず。佐藤さんの主要な読者層と思しきビジネスパーソンたちに向けて、インテリジェンスの発想を時事問題の理解やビジネスへと応用する、という内容の本である。

大まかに「講義篇」と「実践篇」に分かれており、講義篇ではそもそもインテリジェンスとはなにかについて解説、実践篇では、ロシアやアメリカ、それにわが国の外務省などが分析対象として俎上に載せられる。

 

…のだが。実を言うと、本著の一番の見どころは、インテリジェンス云々よりもむしろ、佐藤さんが時折発する啖呵にこそある。

なにせ佐藤さん、かつて外務官僚時代に敵対していた官僚たちの実名を次々と挙げて、容赦ない批判の言葉を浴びせかけるのだ!

そのやり方も、またなんともイヤラシイ。

たとえばこんな具合である。

≪久しぶりに北方領土問題に関する本を上梓した。2014年1月20日に徳間書店から発売された『元外務省主任分析官・佐田勇の告白――小説・北方領土交渉』だ。

(中略)

さて、実際の北方領土交渉において、日本外務省のキープレイヤーは

杉山晋輔(すぎやましんすけ)外務審議官

上月豊久(こうづきとよひさ)・欧州局長

宇山秀樹(うやまひでき)・ロシア局長

の3人だ。

(中略)

筆者の小説には、架空の人物で、以下の3人の外務省幹部が出てくる。

杉田晋一(すぎたしんいち)外務審議官

下月登与久(しもづきとよひさ)・ヨーロッパ局長

久山英樹(くやまひでき)・ヨーロッパ局長ユーラシア課長

である。特に久山は、過去にロシア人の人妻とトラブルを抱えている。

(中略)

あくまでも小説で、実話ではないことを読者におかれては、くれぐれも留意していただきたい。仮に外形的事実として似たようなことがあったとしても、「偶然の一致」くらいに思ってほしい。≫(93‐94頁、カッコ内の人名は原文ではルビ)

いやいやいやいや、あきらかに「偶然の一致」じゃ済まないでしょ!(w

佐藤さんは、以前紹介した著書でも「一般論ですよ」と前置きしつつ、明らかに「あぁ、あの人ねw」と分かる相手をdisっていた。

どうやら、これが佐藤優さんの「得意戦法」のようだ。

 

…なんとも通俗的なコメントで恐縮だが、論壇を「鑑賞」することの面白さは、プロレス鑑賞のそれと似ている。

それぞれの評論家にそれぞれの得意技があり、観客=読者は、それがいつ繰り出されるかとワクワクしながらページをめくっている。

佐藤さんの場合、得意技はどうやら、上のようなイヤラシイdisり方のようだ。

(なお、この場合のイヤラシイとは、必ずしも悪い意味ではない)

 

評論家・佐藤優の「得意戦法」がよく分かるという意味でも、本著はなかなかに面白かった。

 

…うーん、それにしても、外務官僚のMさん、ロシア人人妻と肉体関係をもって旦那にぶん殴られたり、赤坂の料亭で「ぼくちゃんちゃびちいんでちゅ」と“赤ちゃんプレイ”をしたりしていたなんて…w(;^ω^)

 

 

書評『イスラエルとユダヤ人に関するノート』

パレスチナ問題に関して、日本ではパレスチナの肩をもつ人が多い。

元外交官にして作家という異色の経歴を持つ佐藤優さんは、そんな日本のなかではやや珍しく、イスラエルを支持する立場をとっている論者のひとりだ。

彼は一貫して、パレスチナの政治組織ハマースと、その背後にあってハマースの後ろ盾となっているイランを非難、日本と民主主義、市場経済などの価値観を共有するイスラエルや米国と連携することこそが日本の国益にかなうと主張している。

 

本著『イスラエルユダヤ人に関するノート』(ミルトス)は、そんな佐藤さんの思想がよくまとめられている本だ。

書き下ろしではなく、雑誌『みるとす』での連載をまとめて書籍化したものである。

こういう書籍の場合、普通は連載を年代順にまとめるものだが、本著はやや変則的なかたちをとっている。本著はおおまかに、インテリジェンス、神学など複数の章に分けられており、それぞれの章のなかで年代順にまとめられている。したがって章が変わると、連載も過去のものへとさかのぼる。その点が、ちとややこしい。

 

例によって、本著のなかで面白いと思った点をいくつか挙げる。

日本は米国に対し従属している! 今我々がなすべきは対米自立だ!

という声がよく聞かれる。昨夏、話題をさらった『シン・ゴジラ』も、そういう内容の映画であった。

だが佐藤さんは、こと中東外交に限っては、日本はすでに対米自立しており、そのことこそがむしろ問題なのだと言うのである。

 

日本は、西側先進国のなかでは、イランと比較的良好な関係にある。

だがそのイランは同時に、イスラエル国家の生存権を認めない(!)と公言している国でもある。

イランもイスラエルもともに国連加盟国であるから、こうしたイランの極端な対イスラエル政策は国連憲章の精神にも反する。一方、イスラエルはというと、イランと対立こそしているものの、イラン国家の生存権を否定したことは一度もないのである。

イランはさらに、日本にとっての大きな脅威である北朝鮮とも連携しており、両国の間で核、ミサイルなどの技術協力がなされているというのは、インテリジェンスの世界ではもはや公然の秘密となっている。

このような「ならず者国家」イランと、それを後ろ盾とするパレスチナのハマースに対し、曖昧な態度をとりつづけていていいのか。

否。日本は中東政策においてイスラエルの立場を支持し、イスラエル、米国と連携してイランに対し厳しい態度で臨め。

…というのが、佐藤さんの主張である。

 

現実の日本外交も、ときに佐藤さんの希望通りに動いてきた。

小泉純一郎政権後、日本政府は、米国のレッドライン外交を常に支持してきました。民主党菅直人首相ですら、米特殊部隊によるパキスタンにおけるウサマ・ビン・ラディン殺害(現地時間二〇一一年五月二日)を無条件で支持しました。この作戦はパキスタン政府の事前了解を得ずに行われたので、国際法的には明確な主権侵害にあたります。それですからNATO北大西洋条約機構)に加盟する米国の同盟国ですら、あからさまな支持はしませんでした。日本とイスラエルのみが突出して、米国のビン・ラディン殺害作戦を支持しました。私はこのときの日本政府の対応は正しかったと考えています。≫(237頁)

一方、安倍政権はこうした「対米追従外交」とは一線を画する対応を、シリア問題に関して行った。

2013年9月5日の日米首脳会談において、安倍首相は「米国のシリア攻撃を支持する」という言質を与えなかったのである。

この会談のわずか2日後にはIOC国際オリンピック委員会総会が開かれ、2020年オリンピックの開催地が決定される予定だった。その際に東京がイスラム諸国からの反感を買うことのないよう、安倍首相は「自主外交」を行ったのである。

我々はここで、固定観念を打破しなければならない。ここでいう固定観念とは、「自民党政権はアメリカのポチである。その点、民主党政権は確かに稚拙な面もあったかもしれないが、なんとかして自主外交を展開しようとした」というものだ。

だが現実は、必ずしもそうとは限らなかった。

ある面では民主党政権のほうが「アメリカのポチ」だったのであり、安倍政権は必ずしもそうではなかった。そして佐藤さんは、そんな「NOと言える安倍首相」にこそ危機感を抱いているのだ。

 

興味深かった点を、もうひとつ。

本著巻末で三島由紀夫自死がテーマとして取り上げられる。

佐藤さんは、1969年にソ連軍の侵攻に抗議して焼身自殺したチェコの学生や、旧約聖書「使徒言行録」におけるステファノの殉教と絡めて、三島の自死について論じるのである。

やや抽象的で難しい箇所なのだが、簡潔に言うと、三島の自死はハッキリ言って芝居がかかったものだったが、むしろ芝居がかかっていたからこそ、それはキリスト教神学における「象徴的行為」となったのであり、それはキリスト教の聖者の殉教とも相通じる、というものである。

僕は常々、クリスチャンである佐藤さんは、信仰と愛国心とをどうやって両立させているのか、いまいちよく分からなかった。

本著を読んで、まだ少しだけではあるが、分かるような気がしてきた。

 

日本ではどうしても「イスラエル=横暴な侵略者、パレスチナ=無辜の犠牲者」という図式で報道される傾向があるから、イスラエルとの連携とハマースとの決別を訴える佐藤さんの意見は新鮮で、とても興味深かった。

もちろん反発する読者も多いことだろうが、佐藤さんの主張に首肯するか否かは別にして、本著を読む価値は大いにあると言っていいだろう。

 

イスラエルとユダヤ人に関するノート

イスラエルとユダヤ人に関するノート

 

 

書評『教養主義の没落』

僕の友人のひとりに、リベラル左派の人がいる。

戦前の日本には概して批判的であるはずの彼が、にもかかわらずこんなことを言ったのを、記憶にとどめている。

「戦前の旧制高校はよかったなぁ。戦前のもののなかで、旧制高校だけは復活してほしいなぁ」

僕も全く同意見であった。

 

旧制高校とは、戦前における高等学校のことである。

当然ながら、今日の高校とは全く異なる。戦前は中学校が5年制であり、今でいうなら中高一貫校のような感じだった。ではその上にある旧制高校とは何なのかというと、今の大学の教養課程に当たる教育機関だったのである。

もっとも、旧制高校のレベルの高さは、今日の大学教養課程の比ではなかった。

旧制高校に通う生徒たちは皆、読書家であり、ゲーテシェイクスピアなどを原著で読んでいた。「おいお前、三批判書についてどう思う」と訊かれて「ハァ、カントですか。カントなんて難しそうで、僕は読んだことすらありません」とでも答えようものなら、以降人間として扱てもらえなくなるーそういう世界だったと聞いている。

旧制高校を拠点とするこのような知的営為のことを、教養主義と呼ぶ。

僕は大学時代、第二外国語としてドイツ語を学習したが、それには、こうした旧制高校教養主義へのあこがれがあったことは否定できない。旧制高校は語学に重点を置いており、ドイツ語が重要視されたからである。

 

そんな教養主義も、今日ではもはや跡形もない。

今日ご紹介する『教養主義の没落』中央公論新社は、タイトルの通り、教養主義が没落していく過程について解説した本だ。

著者は、社会学者の竹内洋氏だ。

 

戦後の歴史は、拠点を旧制高校から大学文学部へと移した教養主義が、次々挑戦を受け、敗北していった過程だった、と総括していいだろう。こうした流れが、本著のアウトラインとなる。

竹内氏によれば、教養主義に挑戦した戦後の第一世代が、石原慎太郎である。

農村出身の、不健康な成り上がり者たちによって支えられた教養主義に対して、都会的でスポーティーな石原慎太郎(とその弟・裕次郎によって体現される「太陽族」的な価値観が、教養主義に挑戦、これを打破していったのだ。

 

石原だけではない。いわゆる「70年安保」にしたって、丸山真男によって体現された教養主義に対する、もはやサラリーマンとなることを運命づけられた学生たちによるプロテストであった。

 

こうしたアウトラインに加え、本著では、教養主義の担い手となった岩波書店の歴史などが、いわばサブストーリーとして描かれている。

 

戦前からの教養主義の歴史を描いてきた本著は、最後に教養主義が崩壊した現状について触れ、それへの主観的ともいえる違和感を表明している。

これを読んで、正直ホッとした。教養主義がなくなって寂しいと思っていたのは、どうやら僕(や上述の友人)だけではなかったようだ。

なにも戦前の教育制度がすべて素晴らしかったなどというつもりはない。話題沸騰(?)の森友学園みたいな学校を支持するつもりは全然ない。

だがせめて旧制高校くらいは、なんとか現代に復活してはくれないものか、とひそかに期待しているのである。

 

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)

 

 

今日も花見に行ってきました

毎年、この時期になると、花見に追われて忙しいですね(;^ω^)
古今和歌集にある「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」という和歌は、本当にその通りだと思いますw

さて、昨日に引き続き、今日も桜の写真をアップしていこうと思います。

まずは、夜桜から。


f:id:j_furusawa:20170410150649j:plain

自宅の近所にて撮影。風に舞う夜桜。


f:id:j_furusawa:20170410150740j:plain

照明の影響で、微妙に色づいて見えます。


f:id:j_furusawa:20170410150830j:plain

こちらは葉桜。


f:id:j_furusawa:20170410150918j:plain

こちらは、たぶんソメイヨシノじゃない桜。


f:id:j_furusawa:20170410150934j:plain

こちらは今日撮ったばかりの写真です。渋谷駅ハチ公口にて。


f:id:j_furusawa:20170410150953j:plain

こちらはとある大学のキャンパスにて撮影した桜。


f:id:j_furusawa:20170410151014j:plain

さよなら、また来年会おうね!

花見に行ってきました

今年は桜の開花が遅れ気味でしたが、ようやく都内でも満開になりましたね。
というわけで、近所の桜を見てきました。


f:id:j_furusawa:20170409163052j:plain

こちらは職場の近くにある神社です。見ての通り桜が満開となっております♪


f:id:j_furusawa:20170409163127j:plain

狛犬と一緒に。


f:id:j_furusawa:20170409163154j:plain

渋谷駅近くの坂でも、桜が見ごろ。


f:id:j_furusawa:20170409163225j:plain

こちらは本日撮影した、杉並・高井戸の桜並木です。


f:id:j_furusawa:20170409163255j:plain

見事な桜!


f:id:j_furusawa:20170409163333j:plain

桜トンネル!


f:id:j_furusawa:20170409163414j:plain

川のほうにまで桜が垂れ下がっております。


f:id:j_furusawa:20170409163433j:plain

まだまだ続くよ!


f:id:j_furusawa:20170409163453j:plain

真横から撮影。


f:id:j_furusawa:20170409163518j:plain

清掃工場の煙突と一緒に。


f:id:j_furusawa:20170409163545j:plain

桜どアップ!



いかがだったでしょうか。
高井戸の桜並木は、桜の時期としては初めて訪れました。
予想以上に立派な桜並木でビックリしましたね。

次回は夜桜を撮ってアップしてみるとしますか。

最近見た映画の感想(第149回)

・『ハーヴェイ』

主人公の男には、目に見えない大ウサギの友達・ハーヴェイがいる。

…といっても、本作はファンタジーではない。主人公は精神病患者であり、居もしない「ハーヴェイ」が常に傍らに居るかのようにふるまうので、周囲からは奇異の目で見られているのだ。

それでも、本作は基本的にはコメディ。主人公の姉が主人公を精神病院に入院させようとしたら、逆に彼女のほうが精神病患者と勘違いされて、あやうく入院させられそうになる、といったコミカルな展開が続く。

全編にわたって、ユーモアとヒューマニズムにあふれた本作。だが、人情味のある作品を得意としたフランク・キャプラほどには、「人間賛歌」という感じはしない。本作は時にビターで、僕にとってはこれくらいが程よい匙加減である。

ラスト。ドアがひとりでに開き、ブランコがひとりでに揺れるのを見て、主人公は「ハーヴェイ」を感知する。さてはハーヴェイは幻覚などではなく、本当に居るのか、と観客は戸惑うことだろう。

だが、ドアやブランコなどは、風でいくらでも揺れるのである。

ファンタジックな要素も残しつつ、それでもギリギリのところでリアリズムを保っているのもまた、本作の魅力のひとつだ。

 

ハーヴェイ [DVD]
 

 

・『Gメン』

ギャングの親玉からの支援を受け、大学を卒業した主人公。やがて法務省に入省し、捜査官「Gマン」となる。

その後、まぁいろいろとあってー詳細はメンドクサイので割愛ー最後は大物ギャングを倒すというお話。

ギャング、カーチェイス、機関銃での銃撃戦、と「1930年代」盛りだくさんの本作(制作も1935年です)。見ているだけでお腹いっぱいでございました。

 

Gメン [DVD]

Gメン [DVD]

 

 

・『シー・ホーク』

七つの海に覇を唱えた英国海軍も、そもそもは海賊からの成り上がりだったのである。

16世紀の英国。時の超大国スペインの船を荒らしてまわっていたのが、海賊のソープである。

かのエリザベス女王とも親しい彼は、密命を受け、スペインの植民地・パナマ地峡へと派遣される。

だがそこでスペイン側の罠にはまり捕まってしまったソープ船長、哀れにも奴隷にされてしまう。果たして彼の運命や如何に!

ラストでは英国政府内に潜んでいた「スペインのスパイ」とフェンシングで決闘。海戦あり、冒険あり、決闘あり、ロマンスあり、とまさしく冒険活劇と呼ぶにふさわしい作品だ。

女性リーダーとしての自信と威厳に満ちたエリザベス女王が、またなんともカッコいい。

 

 

・『36時間 ノルマンディ緊急指令』

ノルマンディー上陸作戦を目前に控えた、1944年の欧州。

中立国ポルトガルにて、米軍の諜報員の主人公が意識を失い、何者かに拉致される。

彼が目を覚ましたのは病院のなか。医師が言うには、彼は過去数年間の記憶を喪失しており、今はもう1950年。第二次大戦もドイツ敗北という形で終結し、彼は米国内の病院へと移されたのだという。

だがそれは、罠であった。

実際にはまだ1944年であり、場所はドイツ・バイエルン。ドイツ軍の関係者たちが総出で米国人に成りすまし、主人公をだましていたのだ。

「医師による診察」を装って、彼から米軍の極秘情報を引き出すというのが、この大掛かりな芝居の狙いである。実際に彼らは、主人公から連合国軍の上陸地点がノルマンディーであることを聞き出す。

だが、“あること”をきっかけに、主人公はナチスの芝居に気が付いてしまう。すると今度は彼のほうが「自分ははじめから芝居を見抜いており、これまでの“診察”で話した内容はすべて偽の情報」だとしてナチスを翻弄する。

かくして、主人公とナチスとの間で、心理面での「戦争」の火ぶたが切って落とされた。

関係者総出で「1950年の米国」を偽装するという筋書きも、個人的には「そこまでやるかっ」とツッコミを入れたくなるが(w)、とても斬新な設定で、面白かった。

 

36時間 ノルマンディ緊急指令 [DVD]

36時間 ノルマンディ緊急指令 [DVD]

 

 

・『ザ・ロック

サンフランシスコ郊外の孤島に建設されたアルカトラズ刑務所は、付近の潮流の速さなどの理由から、長らく「脱獄不可能の監獄」として恐れられてきた。

そこからの脱獄をテーマに取り上げたのが、クリント・イーストウッド主演『アルカトラズからの脱出』である。

本作は、いうなればその逆バージョン。どういうことかというと、孤島という立地に目を付けたテロリスト集団が島ごと乗っ取り、それを主人公たちが外から鎮圧に向かう、というお話なのである。

ある日、元海兵隊のテロリストたちが島を占拠した。彼らは要求が受け入れられない場合には化学兵器をサンフランシスコにぶち込むとして政府を脅迫する。

政府も手をこまねいてばかりはいられない。さっそくニコラス・ケイジ演じる化学兵器の専門家や、ショーン・コネリー演じる元脱獄囚を含めた特殊部隊を島へと派遣する。

ケイジ、コネリーのふたりが徐々に信頼関係を構築しながら、テロリストを制圧していくのが、本作の一番の見どころである。

シスコでのカーチェイスをはじめ、アクションシーンも盛りだくさん! テロリストたちが仲間割れをおこす終盤は、いかにも定番という感じだが、面白い。

ショーン・コネリー、老いてもなおカッコいいというのは、一体どういうことですかね。

 

ザ・ロック 特別版 [DVD]

ザ・ロック 特別版 [DVD]