Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

日本人は複雑怪奇!

イスラム国による日本人人質事件の影響で、私、ここ最近テンションがおかしくなりつつあります。

 

いやぁ、まさか日本人がここまでキ○○イ(NGワードのため伏字)だとは思わなかった。残念ながら。

なにせ同胞が誘拐されて命の危機にあるというのに「どうせ自己責任だろざまぁwwwww」と嗤う右派に、「安倍がイスラエルなんぞに行ったのが悪い!辞任しろ!」と箸が転んでも安倍批判にしたい左派、クソコラ画像祭りで勝手に盛り上がるネット民に、twitter上でイスラム国関係者に『ラブライブ!』の画像を見せつけて「どの子が一番かわいいですか?wwwww」と質問するラブライバーラブライブファン)。

極めつきは、記者会見で原子力だの世界平和だのについて延々と語り続ける人質の家族

 

イスラム国の連中、今ごろは「欧州情勢は複雑怪奇!」と叫んだ平沼騏一郎なみに「日本人は複雑怪奇!」と頭を抱えているんじゃないですかね。

まさか日本人がここまでアレな人たちだとは思ってもみなかったことでしょう。同胞が生命の危機に晒されているというのにコレですから。

よりにもよって世界一のキ○○イ(自称)国家・イスラム国からキ○○イと思われるというのもずいぶん癪に障る話ではありますが、これじゃあ仕方ありませんね。

イスラム国と我が国との相性は、もはや「混ぜるな危険」レベルだったのです。

 

日本の批評家はよく、日本という国の本質を「未成熟」「幼児性」などの言葉で表現します。今回の件での日本人―とりわけネット民のあの子供じみたリアクションを見て、あらためてそれが正しいということがよく分かりました。

結局、日本人にとって今回の事件は「悲劇」などではなく「祝祭」に過ぎなかったのですね。

 

…ハァ、なんだかどんどんテンションがおかしくなっていくなぁ…