Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

【電王戦】人間棋士大勝利!

人間の将棋棋士とコンピューターソフトとの夢の対局「将棋電王戦」。

全5局のうち第1局が本日3月14日、京都・二条城にて行われました。

 

対局するのは斎藤慎太郎五段とコンピューターソフト・Apery(エイプリー)。

斎藤五段は、その甘~いマスクから「西の王子」とも称される若手(イケメン)棋士。もちそんその実力も折り紙つきです。

一方のAperyは昨年秋の「電王戦トーナメント」で第5位に輝いた強豪ソフト。

まさに今年の電王戦の開幕を告げるにふさわしい好カードですね!

 

対局開始は午前10時。予想外のコンピューター側の振り飛車(飛車を左側に移動させる戦法)に明らかに戸惑いの表情を見せる斎藤五段でしたが、序盤、中盤、終盤、終始スキのない指し回しが光りました。

形勢は次第に先手の斎藤五段の側に傾いていき、終盤ははっきりと先手優勢に。

斎藤五段は最後まで焦ることなく正確に指し続け―ミスらしいミスが皆無だった!―ついに115手目でコンピューター側の玉を追い詰め、白星を獲得したのです!

一昨年、昨年とコンピューター相手に負け越してきた人間側にとって、今回の斎藤五段の快勝は勝ち越しに向けた大きな一歩となったのでした。

 

今回の対局は大変見ごたえがありましたが、ひとつ残念だったのは、最終盤。

これは仕様なのでしょうがないのですが、コンピューターソフトは詰みの局面まで指そうとするので、最終盤になるとどうしても無駄な王手ばかりかけてしまい、展開がグダグダになってしまうのです。

まぁそれは仕方ないにしても、最後の114手目の無駄合い(詰みが避けられない局面での無駄な抵抗)だけはさすがにいただけない。詰将棋であれば、無駄合いせざるをえない局面でもはや詰みと見なされます。せめてこの時点で投了してほしかった。

 

一方、今回の対局で良かった点としては、場所がお城だったという点が挙げられます。

去年の電王戦第1局は貸し切りの有明コロシアムで行われたため、周囲に全く人がおらず殺風景そのものでした。その点、木造のお城にはぬくもりがあります。お城は将棋のイメージともぴったり合いますし、地元の観光PRにもつながりまさに一石二鳥です。

今年は二条城の他にも、高知城五稜郭などで対局が行われる予定なので、今後が楽しみですね。

 

最後に。今日の電王戦では、ドワンゴと経営統合したKADOKAWAの角川会長がゲスト出演したり、京都市長からのメッセージが読み上げられたりして、「ああ、電王戦は本当にビッグイベントになったんだなぁ」とあらためて痛感させられました。

これから第2局、第3局、とどんどん盛り上がっていってほしいですね!