Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

もうすぐ、桜も散ってしまいますね

以前にも書いたとおり(あれ、まだ書いてなかったかな? まぁいいや)、僕は一年の中で春が一番好きです。

 

春といえば、なんといっても、桜。

 

毎年、桜のつぼみが少しずつ開きはじめると、それだけでもう、胸がソワソワするのです。

満開になったときの、その綺麗なさまは、どうたとえればいいのでしょう。

花吹雪で、風はピンク色に染まる。

一面の花びらで、アスファルトはピンクのじゅうたんになる。

日常が、カラフルに染まりだす。

 

でも、桜はすぐに散ってしまいます。

花の寿命は短いものですが、桜の儚さはもう、別格ですよね。

やっと会えたと思ったら、もうお別れしないといけない。

 

桜が散りはじめると、僕は情緒不安定になります。

春は大好きな季節のはずなのに、毎年毎年、桜が散ってしまうこの時期だけは、未だに慣れません。

僕は心の中で何度も涙を流しながら、

「散らないで」

「行かないで」

と叫びます。

 

心の中で何度も何度も、声に出ない叫びを続けて、泣きながら「さよなら」を言い続けて、そうして桜の季節は終わるのです。

 

桜の季節が終わると、やがて五月がやってきます。

一年の月の中で、僕が一番好きな、五月。

心躍る五月。

新緑がまぶしい五月。

この国がもっとも美しくなる、五月。

 

僕が一番好きな季節が、やってきます。