Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

『君嘘』に影響を与えた作品たち

※今回の記事は、アニメ『四月は君の嘘』(以下『君嘘』)のネタばれを含みます。ネタばれを望まない方は以下の文章をご覧にならないでください。

 

 

 

 

 

世の中に、全くオリジナルの作品というのは存在しません。全ては他作品の影響下にあります。

『君嘘』も当然ながら、(ジャンルを問わず)さまざまな作品の影響を受けて成立しています。

 

たとえば、夏目漱石の『こころ』。

主人公たちを取り巻く三角関係が象徴的ですが、物語の最後に死者が手紙で真相を打ち明けるというスタイルも、あきらかに『こころ』を踏襲しています。

 

往年のアニメファンなら、あるいは、最終回の公生くんとかをりちゃんの“共演”を見て、『機動戦士ガンダム』(いわゆる『ファーストガンダム』)のアムロララァの関係を想起するかもしれませんね。

 

最終回のラスト、「踏切」「桜」「電車が過ぎると向こう側にはもう誰もいない」などのモチーフは、明らかにアニメ映画『秒速5センチメートル』からの引用でしょう。

 

…とまぁこんな感じで、『君嘘』に影響を与えた作品をいろいろと指摘することができます。アニメや小説などに詳しい方なら、こういう観点から『君嘘』を見てみるのも恩白いかもしれませんね。