Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

古澤圭介映画選(その1)

先日、ある評論家さんと経済学者さんの、映画に関するトークイベントに参加してまいりました。

その際に配布された、お二人による映画選のプリントが大変興味深く、それに触発される形で、このたび僕も映画選をやってみることにしました。

今日はまず、著名な映画監督の作品の中から個人的にお気に入りのものをピックアップすることにします。

★はそれぞれの監督作で最高のもの、☆は次点をあらわします(あくまで僕の個人的な感想です)。

 

アルフレッド・ヒッチコック

★『鳥』☆『北北西に進路を取れ』『めまい』『裏窓』『知りすぎていた男』『見知らぬ乗客

黒沢明

★『七人の侍』☆『蜘蛛巣城』『羅生門』『隠し砦の三悪人』『素晴らしき日曜日』『天国と地獄』『生きものの記録』

ジャン=リュック・ゴダール

★『女と男のいる舗道』☆『勝手にしやがれ』『女は女である』『気狂いピエロ』『中国女』

スタンリー・キューブリック

★『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』☆『突撃』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『バリー・リンドン』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット

スティーブン・スピルバーグ

★『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』☆『激突!』『ジュラシックパーク』『未知との遭遇』『E.T.』『アミスタッド』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『プライベート・ライアン

デヴィッド・リーン

★『戦場にかける橋』☆『ドクトル・ジバコ』『アラビアのロレンス

フランシス・フォード・コッポラ

★『ゴッドファーザー PARTⅡ』☆『ゴッドファーザー』『地獄の黙示録

クリストファー・ノーラン

★『ダークナイト』☆『インセプション』『メメント』『インターステラー

デヴィッド・フィンチャー

★『ファイト・クラブ』☆『ベンジャミン・バトン数奇な人生』『セブン』『ソーシャルネットワーク』『ドラゴン・タトゥーの女

クエンティン・タランティーノ

★『キル・ビル』☆『イングロリアス・バスターズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』『パルプ・フィクション

オリバー・ストーン

★『ナチュラル・ボーン・キラーズ』☆『プラトーン』『ドアーズ

コーエン兄弟

★『ノーカントリー』☆『ファーゴ』

マーティン・スコセッシ

★『タクシー・ドライバー』☆『レイジング・ブル』『キング・オブ・コメディ』『カジノ』

ジェームズ・キャメロン

★『タイタニック』☆『ターミネーター2』『アバター

スティーブン・ソダーバーグ

★『チェ39歳別れの手紙』☆『オーシャンズ11』『エリン・ブロコビッチ

ローランド・エメリッヒ

★『インデペンデンス・デイ』☆『2012』『デイ・アフター・トゥモロー』『スターゲイト