Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

安倍さんの演説について

安倍さんが米国議会で演説を行いました。

なんでも日本の総理大臣が米国議会で演説するのは初めてのことなんだとか。

 

で、twitterをのぞいてみたら、案の定というべきか(w)「安倍の英語がヘタ」だの「英語のカンペなんて見てて、みっともない」だのといったバッシングがやたらと目につきます。

そうですかねぇ、安倍さんの英語、そんなにヘタでしたかねぇ。

僕などはむしろ「お~安倍さん、ここまで英語話せたんだ」と驚いたくらいなんですがねぇ。

 

そもそも、独立国・日本の総理大臣なんだから、英語なんてべつにヘタだっていいんですよw 

「英語がうまく話せなきゃ」って発想自体が、宗主国さまの言語を血眼になって勉強しようとする植民地根性丸出し

安倍さんの英語のことをヘタヘタ言ってる人たちって、フランス人の英語聞いたことないでしょ。

アレはすごいよ~。堂々たるフランス語なまりw 日本人も、だからあんまり母語のなまりを気にしないほうがいいと思いますね。

僕などはむしろ、安倍さんには日本を代表してあえてコテコテの「じゃぱにーず・いんぐりっしゅ」で演説して欲しかったとすら思うくらいです。

 

それからもひとつ、安倍さんが英語のカンペ見てたという件、僕はかえって「あぁ、大事な演説に備えてちゃんと練習してて、安倍さん偉いなぁ」と感心したくらいです。

 

安倍さんを批判すること自体はべつにかまわないんだけど、やるならもっとマシな批判をしてほしいものだな、と思います。