Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

『俺ガイル』ゆかりの地名を散策しました

おとといきのうに続いて、今日も鎌倉探訪シリーズ第3弾!

アジサイや『君嘘』聖地巡礼だけが鎌倉じゃありませんよ~。
実をいうと、アニメ『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』(以下、『俺ガイル』)の登場キャラクターゆかりの地名も散策してまわったのです。

周知のように、『俺ガイル』のキャラクターの名字はすべて鎌倉ないしその周辺の地名からつけられています。
それでは実際に見てみましょう!


f:id:j_furusawa:20150617215433j:plain
『俺ガイル』のメインヒロイン、「ゆきのん」こと雪ノ下さん。鎌倉市内にバッチリその名があります。
雪ノ下は、鎌倉時代における幕府の所在地であり、当時の日本の政治の中心でした。
学年きっての優等生、ゆきのんのイメージと重なりますね。

f:id:j_furusawa:20150617215452j:plain
ゆきのんと並ぶこのアニメのもう一人のメインヒロイン「ガハマさん」こと由比ヶ浜さん。彼女の名前も鎌倉の地名に由来します。
由比ヶ浜は鎌倉の南、太平洋に面した砂浜であり、鎌倉時代には交易の船でにぎわったと言います。
ガハマさんの明るい性格と重なるかもしれませんね。

f:id:j_furusawa:20150617215520j:plain
主人公・比企谷八幡くんの妹・小町ちゃん。鎌倉には彼女の名前もちゃんとあります。
位置的には雪ノ下よりすこし南のあたり。観光名所「小町通り」もこの地名にちなんでいます。

f:id:j_furusawa:20150617215546j:plain
八幡君のオタクの友人・材木座くんの名も、実は鎌倉市内の地名に由来しています。
材木座は、地名としての比企谷(後述)のわりと近くにあり、そのため比企谷くんの友人の名として採用されたのかもしれません。

どうでもいいですけど、材木座くんのCV:檜山修之さんにはどうしても『げんしけん』の斑目のイメージがあります。彼にオタクの役をやらせるとホントうまいですよね~(特にオタク特有の興奮すると声が裏返る感じが再現度パない)


最後に。『俺ガイル』の主人公・比企谷くんの名前の由来となった「比企谷」、現在の正式な地名は「大町」です。鎌倉初期に比企氏という豪族の館がこの付近にあり、そのため「比企谷」という通称が生まれたのだそうです。ところがこの比企氏、政争に敗れて滅んでしまいました。このあたり、スクールカーストの底辺に置かれた比企谷くんの悲哀と通じるところがあるかもしれませんね。