Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

みんな見てる? 『ブラタモリ』

皆さんは『ブラタモリ』という番組をご存知でしょうか。

NHKで、毎週土曜日夜7時半から8時15分まで放送されている45分番組です。

内容は、タモリさんがぶらぶら歩きながら街の歴史を探訪するというもの。

08年から断続的に放送され、今年、3年ぶりにレギュラー番組として復活しました。

 

僕は普段テレビをまるで見ない人間なもので、恥ずかしながら今年になってはじめてこの番組を知った次第です。

見始めたら、これがなかなかおもしろくて(w)、今じゃすっかりハマってしまいました。

 

昨日土曜の『ブタタモリ』は、仙台特集でした。

仙台は、政令指定都市の中で個人的に一番好きな街なので、とても楽しく見ることができました。

 

仙台は街路樹が有名で「杜の都」と呼ばれていますが、街路樹自体は戦後になって植えられたものです。

しかし仙台の街は明治以前からずっと「杜の都」(「森の都」とも)と呼ばれ続けてきたのです。

その理由は、仙台藩の藩祖であるかの有名な伊達政宗が臣下の武士たちに木を植えることを奨励したからでした(防風林などに活用できるため)。

 

その伊達政宗青葉城仙台城)をつくったことで有名ですが、実はもう一つ幻の城「若林城」を幕府に内緒(!)でつくっていたのでした。

この若林城、政宗の死後は廃城となり、現在ではな、な、なんと、刑務所(!)になっています。

しかし、刑務所になったおかげで戦後の高度成長期に宅地開発から免れたのでした。

塞翁が馬というやつで、何が幸いするか分かりませんね(^_^;)

 

そんなこんなで、昨日の『ブラタモリ』仙台特集、面白かったです。

ブラタモリ』、普段は土曜放送ですが、明日7月20日月曜はなんと海の日スペシャルが放送されます!

テーマは東京駅というので楽しみにしていたら、なんと今日になってビッグニュースが。

な、な、なんと、『ブラタモリ』収録中、たまたま謎の地下空間が発見されたというのです。

 

う、うーむ。これは我らがタモさんがスゴいのか、はたまた東京メトロの管理がずさんなのか…(^_^;)

いずれにしても明日の『ブラタモリ』が楽しみですねっ!