Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

2015年夏アニメ感想

時の経つのはまことに早いもの。ついこの間まで「うあー、夏アニメ何見ようかな~」とワクワクしていたというのに、もう夏クールも終わってしまいました…(明日からはもう10月!)。

というわけで今期もいつも通り、お気に入りのアニメをまったくの独断と偏見に基づいたランキング形式で発表いたしますっ

 

 

1位『がっこうぐらし!

間違いなく10年代深夜アニメBEST10に入る

…ゴホンゴホン。すいません、珍しく大見得を切ったものだからむせてしまいました(^_^;) 

『がっこうぐらし!』、実を言うと夏クール開始当初はまったくのノーマークでした。「まぁ、公式HP見る限りキャラデザは悪くなさそうだし、とりあえず1話だけでも見てみるかぁ~(鼻くそホジホジ)」という軽~いノリで見始めたのです。

冒頭部分はいかにも「日常系アニメ~」といった雰囲気。「うーん、コレじゃあ1話だけ見てサヨナラ(視聴打ち切り)パターンかなぁ」と思いつつ画面を眺めていました。

ところが…ところがですよ。なんなんですか、あの超展開は

そこから先はもう、次の回を見るのが楽しみで楽しみで(w)、そのまま最終回まで行ってしまいました。というわけで今期ナンバーワンはこの作品です。いやもしかしたら今年ナンバーワンかもしれない。 

本作の主人公・由紀ちゃんは、ゾンビが跋扈する苛酷な現実を受け入れられず、空想の中の日常系の世界に閉じこもる女の子。さて、この風変わりな設定をどう見るか。

まだ頭の中でうまく整理できずにいるのですが、僕は由紀ちゃんは日常系作品に耽溺するアニメオタクのメタファーだと思っています。

女の子たちのゆるふわまったりした日常を描いた、いわゆる「日常系」と呼ばれる作品群については「つらい現実から逃げているだけ」という批判がなされることがたびたびあった。そんな意見に対して「いや、ゆるふわまったりした日常というホームベースを持った由紀ちゃんだからこそ、本当のピンチの際に他の誰よりもタフに振る舞えたんだよ」と反論しているのがこの作品だと思うのです。

日常系作品のフォーマットを存分に駆使しつつ、ゾンビが跋扈する世界という衝撃的すぎる世界を描いた本作は、日常系ならざる「メタ日常系」と言っていいのではないでしょうか。ですが「アンチ日常系」では決してないと僕は思います。

 

がっこうぐらし!第6巻 (初回限定版) [DVD]

がっこうぐらし!第6巻 (初回限定版) [DVD]

 

 

2位『のんのんびより りぴーと

農村の豊かな自然と少女たちの成長を丁寧に描き、話題となったアニメ『のんのんびより』。本作は待望の第2期。

本作でも自然の描写は実に丁寧。夏の雲がキャラクターの頭上や周辺の木々に影を落としながらゆっくりと移動していくシーンや、秋が深まるにつれて山々の緑が少しずつ黄色に染まっていく演出など、仕事が細かくて感心しちゃいました。

「地方を舞台に少女たちの成長を描く」作品って、どうしても感傷的になりすぎるきらいがありますが(『たまゆら』とか)、本作は乾いたギャグが基調であるおかげで、過剰にしっとりするということがない。ギャグとシリアスのさじ加減が絶妙でした。

ただ、一点。これは1期のときにも感じたことだけど、本作は厳密にいうと《農村》の物語じゃない。現実の農村はもっとウザいジジババが多くて(!)、ジメジメした人間関係が支配する世界。本作のようなフラットな人間関係は、農村ではなく(大都市近郊の匿名的な空間としての)《郊外》のそれです。

それを分からず「やっぱ時代は農村だよなっ!」と早合点してリアルの農村に移住してしまうと、痛~い目に会いますよォ。

 

 

 

3位『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

昔、『戦国自衛隊』という作品がありました。自衛隊がタイムスリップして戦国時代で暴れまわるという内容です。ではもし舞台が戦国時代ではなく、エルフやドラゴンが暮らすファンタジー世界だとしたら…という発想で制作されたのかどうかはよく分からんけど(w)、自衛隊がファンタジー世界を冒険するというお話が、この『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』だ(←タイトル長っ!)。

舞台となるファンタジー世界は、魔法などが存在するものの、基本的には現実世界でいうところの中世に相当。本作は、中世の世界に突如として<近代>が闖入してきたらどうなるかという思考実験、と言えます。さて、どうなるか。

たとえばこんなことが起こります。ある日、褐色の肌を持つ「ダークエルフ」の女性が自衛隊の基地に助けを求めに来た。聞けば、炎を吐く危険なモンスター「炎龍」を自衛隊の近代兵器で撃退してほしいという。だが自衛隊は彼女の訴えをにべもなく断る。どうしてか。

ダークエルフの女性の住む地域は、「エルベ藩王国」という独立国。ファンタジー世界といえども(現実世界の)国際法が適用される以上、主権国家であるエルベ藩王国に勝手に自衛隊を出動させるわけにはいかない、というのがその理由なのです。

ですがそれは完全に国際法=近代人の論理。中世人(中世エルフ?)であるダークエルフの女性には、それが理解できない!

そうした、自衛隊とファンタジー世界側とのディスコミュニケーションがなかなかに面白かったです。

本作は、分割2クール作品。来年の冬クール(2016年1月~)から2クール目『炎龍編』が放送されます。今から楽しみですねっ

 

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.1 接触編I <初回生産限定版> [Blu-ray+CD]

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 Vol.1 接触編I <初回生産限定版> [Blu-ray+CD]

 

 

 

4位『GANGSTA.

BLACK LAGOON』ないし『ヨルムンガンド』的なガンアクション作品。

ヨーロッパ(?)の犯罪都市・エルガストルムを舞台に、二人の主人公ニックとウォリックの活躍を描く。

日本の深夜アニメは10代の男女が主人公というケースが大半なので、30代のオッサン二人組が主人公という本作の設定は斬新で、もうそれだけで僕的にはポイントUP↑でした。

主人公(のひとり)・ニックは、なんと聾唖(ろうあ)者という設定。

彼を演じる声優さん(津田健次郎、少年期は花江夏樹)が聾唖者特有の発音を完璧に再現できていて、毎回感心しながら見ていました。

ニックの相方ウォリックを演じる諏訪部順一もイイ味出してる。諏訪部は若い男子(『黒子のバスケ』の青峰くんとか)の役もいいけど、上述の『GATE~』の主人公・伊丹や本作のウォリックのようなチャラチャラした30代のオッサンの役も実にしっくりきますね!

本作の舞台・エルガストルムは『BLACK LAGOON』のロアナプラと似ていて、犯罪都市特有の、あの何とも言えない「解放感」がよく表現できていました。

 

 

5位『アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルを目指す少女たちの葛藤と成長を描いた、分割2クール作品の2クール目。

今回はヴィランとして美城常務という重役(CV:田中敦子!)が登場します。2クール目に入って少女たちが試練に立たされるという展開は前作『アイドルマスター』に同じ。これまでメンタルが最もタフだった主人公(卯月)がスランプに陥っちゃうという展開も、これまた前作に同じ。これはもはや『水戸黄門』の印籠と同じで、一種の“様式美”なんでしょうかね(^_^;)

さぁ、最終回は一体どうなるのでしょう。今から楽しみですねっ

「…え?」と思われた読者の皆さん、そう、実をいうと本作は現時点(9月30日現在)でまだ最終回を迎えていないのです。最終回は10月16日放送なんだとか。

まだ完結していない作品をランキングに載せるべきか迷いましたが…まぁ、最終回でよっぽどのことがないかぎり、作品全体の評価が覆ることはないと思うので、大丈夫でしょうw

 

 

 まとめ

僕のこれまでの経験上、夏クールはわりと不作になりがちなのですが、今年に限って言えば完全に例外。とても豊作でおおいに楽しむことができました。

なかでも『がっこうぐらし!』は今年ナンバーワンといっても過言ではない出来で、この作品に出会えて本当に良かったと心底思いました。

 『がっこうぐらし!』といい『GATE~』といい、今期は当初ノーマークだった作品が面白くて嬉しい誤算でした。

 

え、何?『うまるちゃん』はどうだったって? ゴメンナサイ見てません(終了

広告を非表示にする