Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

台湾で政権交代!―初の女性総統誕生へ

1月16日に実施された台湾総統選挙。最大野党・民進党蔡英文候補が2位の候補にダブルスコア近い大差をつけて圧勝、台湾史上はじめてとなる女性総統に就任することとなりました。

東アジアで女性が民主的プロセスで政治指導者となるのは韓国についで二例目となります。

総統選挙と同日に実施された立法院-日本の国会に相当-の選挙でも民進党は大躍進し、過半数を獲得しました。これにより蔡次期総統の政権運営は比較的安定したものになると予測されます。

 

台湾ではこれまで国民党馬英九総統が政権を担当してきました。馬政権は対中関係を重視する路線です。しかし対中傾斜を強める馬政権に対し「このままでは台湾は中国に併呑され民主主義が失われてしまう」という危機感が台湾の有権者の間で強まりました。これが今回の民進党の(大)勝利へとつながったのです。

 

馬政権の対中融和路線に批判的な民進党が与党となったことで、今後の台湾は中国と一定の距離を置くものと思われます。

これは日本にとっては好ましいことです。

台湾海峡には「シーレーン」と呼ばれる海上交通路があります。このシーレーンをタンカーなどの輸送船が通過していくのです。

中台が統一した場合、このシーレーンが中国共産党政権のコントロール下に入ってしまうことになります。これが日本にとって脅威であることは言うまでもありません。

我々はひとまず民進党の勝利を歓迎すべきでしょう。

 

もっとも、喜んでばかりもいられません。中国経済の先行きがはなはだ不透明ななか、与党・民進党には難しいかじ取りが求められます。

日本の保守派の認識のずれも個人的には気になるところです。

日本の保守派は民進党が(対中)独立志向であることから民進党を持ち上げがちですが、民進党自体はリベラルな政党であり、かならずしも日本の保守派と価値観を共有しているわけではありません(←ここ、みんなあまり触れないけど結構重要なポイントです)。

こうした認識のずれは、今後の日台関係の深化(進化)にとって障害となるおそれすらあると危惧しています。

 

これから本ブログでは何日か続けて、台湾について取り上げることとします。