Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

蔡英文氏、台湾版コミケへ

 先月、台湾総統選挙にて大差での当選を果たし、同国初の女性総統への就任が決まった、蔡英文・次期総統。

そんな蔡氏が、「台湾版コミケ」とも言うべき同人誌即売会「ファンシーフロンティア」に来場し、話題となっています。

 


蔡英文現身動漫展 粉絲熱情暱稱「霧島」

 

蔡氏が来場した際、会場からは「霧島!」「霧島!」と、霧島コールが沸きおこったといいます。

 

霧島とは、人気ゲーム『艦これ』に登場する、日本の戦艦を擬人化したキャラクターです。

この霧島、メガネと髪型が蔡氏に似ているというので、台湾ではすでに「霧島小英」という呼び名まで生まれているのです(小英は蔡氏の愛称)。

 


真人版「霧島」!小英出席動漫展不談政治|三立新聞台

  

 うーん、正直メガネと髪型が同じというだけじゃんと思うのですが(^_^;)、これから一国の政治指導者になるという人が、こうしてコミケに参加して、漫画・アニメファンの若者たちから人気キャラの名で呼ばれる、というのもなかなかに面白い話ですね。

 

f:id:j_furusawa:20160202220004p:plain

 

蔡英文次期総統は、以前このブログでも書いたように、総統選挙において若年層からの支持を獲得するべく、自らを萌えキャラ化して話題になりました。

台湾社会において、「萌え」が日本以上に定着しているのがうかがえ―だって日本の政治家はここまでしませんものね―とても興味深いと思います。