Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

豊臣「の」秀吉

大河ドラマ真田丸』、登場人物の呼称にかんする時代考証がスゴイ、という話は以前このブログでも書いたことがあります

そしたら、またもや歴史オタクをニヤリとさせる演出が。

劇中、誰もが知る日本史の偉人・豊臣秀吉のことを「とよとみ“の”ひでよし」と発音したのですね。

 

これのどこがスゴイのでしょう。

それにはまず、姓と苗字の違いについて説明しなければなりません。

姓と苗字。今でこそ同義語となっていますが、もともとは違うものでした。

 

最初にあったのは、姓のほうです。「藤原」とか「源」とかですね。あれが、姓。

ところが、時代が下るにつれて、同じ姓の人があまりに増えすぎてしまいました。

貴族なら、どこもかしこも藤原さん。武士なら、どこもかしこも源さん。

そこで、さらなる区別の必要が生じました。同じ姓の人を区別する方法はいくつか考えられますが、一番わかりやすいのは地名を使うことですね。住んでる地名から「○○の源さん」と呼ぶ。それがやがて、その人の呼び名そのものになってしまう。

こうしてできたのが、苗字です。

 

姓と苗字の違いは、声に出して読むときに明らかになります。苗字はそのまま下の名前とつなげて読みますが、姓は下の名前との間に「の」を入れるのです。だから、藤原道長は「ふじわら“の”みちなが」と読むでしょう。源頼朝も「みなもと“の”よりとも」と発音しますね。藤原も源も姓だからです。

一方、足利尊氏は「あしかがたかうじ」。「の」は入れません。足利は姓ではなく苗字だからです(ちなみに足利氏の姓は源です)

では秀吉の場合はどうか。実は「豊臣」は姓なのです。苗字じゃない。

だから「とよとみ“の”ひでよし」と読むのが正しいのです。

 

うーん、『真田丸』エライ!

広告を非表示にする