Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

オバマ大統領、広島へ

米国のオバマ大統領が、現職の大統領としてはじめて、被爆地・広島を訪問した。

そして原爆を落とした国と、落された国の指導者が、そろって原爆ドーム前の慰霊碑で演説し、献花をした。

多くのメディアが伝えているとおり、これは歴史的な出来事だ。

 

熱狂的な歓迎を受けて就任したオバマ大統領は、その熱気の反動からだろうか、就任後しばらくは「期待外れ」との批判を内外から多く受けてきた。

関西のとある政治系バラエティー番組では、「オバマは戦後最低の大統領」だとしてパネリストたちの間でボロクソに叩かれていた。

…そんなことはないだろう、と僕は思っている。

オバマ大統領の大統領としての最大のレガシー(遺産)は、キューバと国交を回復したことだろう。

「米国の裏庭」とまで称される中米において、反米の社会主義国キューバは、いうなれば「獅子身中の虫」として米国を悩ませつづけてきた。その獅子身中の虫を、ついに取り除いた―それだけでも大変な偉業だ。

オバマ大統領は、来年にはホワイトハウスを去ってしまう。これから僕たちは、オバマ時代を懐かしむようになるだろう。今年の大統領選に駒を進めたふたりの不人気な候補者たちを見るにつけ、つくづくそう思う。

 

オバマ大統領の今回のスピーチに明確な謝罪の言葉がなかったことを批判する向きもある。

僕も、米国大統領にはいずれ原爆投下を謝罪してほしいと思っている日本人のひとりではある。それでもまずは、オバマ大統領がこうして広島を訪れ、献花してくれたことに拍手を送りたいと思う。

僕たち日本人と彼ら米国人との間には、残念ながら歴史観の相違がある。けれども、自分たちの歴史観を「正しい歴史認識」として相手側に押し付けるのでは、問題はこじれこそすれ、解決することはない。そのことを僕たちは、お隣の国によって嫌というほど教えられてきたじゃないか。

少しずつでいい、ゆっくりと話し合いながら、溝を埋めていこう。

 

僕はオバマ大統領の広島訪問を歓迎する。