Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

最近見た映画の感想(第90回)

・『バーバレラ』

ときに、大宇宙時代。女性飛行士の主人公が地球連邦大統領からの指令により、行方不明となった科学者の捜索にむかう。

冒頭の無重力ストリップ(!)を筆頭に、主演ジェーン・フォンダのお色気シーンが盛りだくさんという本作。

フランスのSF漫画が原作というだけあって、全編にわたってコミカルなシーンがちりばめられていて、(もちろんいい意味で)「これぞB級映画~」という感じ。「びよ~ん」というドリフのコントのような効果音もいちいち笑えます。

ニコニコしながら観ることができました♪

 

バーバレラ [Blu-ray]

バーバレラ [Blu-ray]

 

 

・『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』

昔の中国を舞台に、魔物たちと美人の幽霊、そして「中国版ゴーストバスター」とでもいうべき道士が大暴れしちゃうゾ、という娯楽映画。

香港映画なんだけど、途中で登場人物が何の脈絡もなく唐突に歌いだすなど、インドお得意のマサラムービーにも通じるところがあって、僕は大満足なのでした♪

 

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー〈日本語吹替収録版〉 [DVD]

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー〈日本語吹替収録版〉 [DVD]

 

 

・『肉体の冠

ジャック・ベッケル監督によるフランス犯罪映画。

大工の主人公が娼婦に恋してしまうが、彼女にはすでにギャングの恋人がいた。主人公は決闘の末にそのギャングを殺害してしまう。その後、ギャングの親分の仕掛けた罠により主人公の親友がギャング殺害容疑で逮捕されてしまい、主人公は親友を救うため警察に出頭する。だが娼婦の手引きで護送車から抜け出した彼は、そのままギャングの親分の殺害にむかう。

…という内容のお話で、日本の任侠映画とも通じるところがあり、60年代東映の任侠映画が大好きな僕は大満足なのでした♪

 

肉体の冠 [DVD]

肉体の冠 [DVD]

 

 

・『隣の女』

めんどくさ~い女を描かせたら天下一品のフランソワ・トリュフォー監督作品。

平凡な子持ち家庭である主人公一家のお隣に、同世代の夫婦が引っ越してきた。が、なななんと、その奥さんは主人公の元恋人だったのだ! ひさかたぶりに再開を果たしたふたりはたちまち燃え上がり、不倫関係に陥ってしまう。やがてふたりの関係が発覚し、それぞれの家庭は崩壊。女は精神を病んで入院する。

…というわけで、渡辺淳一失楽園』みたいな内容のお話。

いつも思うが、こういう病んでる女を描かせたら本当にトリュフォー監督の右に出る者はいない。

あぁ、トリュフォー監督に『失楽園』を撮ってほしかったなァ。

 

隣の女〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選7〕 [DVD]

隣の女〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選7〕 [DVD]