読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

2016年春アニメ感想(おまけ)

昨日は、今期のお気に入りアニメを(一応)ランキング形式にて発表してみました。

今日は、昨日取り上げなかった残りの作品について、簡単に感想を書いていこうと思います。

 

・ 『キズナイーバー』

思春期の男女のドロドロを描かせたら天下一品との呼び声高い(←?)岡田麿里が今期脚本を手がけたのが、本作。制作は『キルラキル』でおなじみのTRIGGERだ(つまり『ニンジャスレイヤー』と同じとこね)

最初のうちはなんだかありきたりな話で微妙だったけど、中盤あたりからいよいよ岡田麿里節が炸裂(w)、にわかに主人公たちの関係性がドロドロしてきて面白かったです。

EDも良かったですね。三月のパンタシアはじまりの速度』という曲で、とても透明感のある綺麗な曲だった。最初のうちは本編よりもむしろEDのほうが楽しみだったくらい(w

登場人物のうち、超ドMの日染クンは初登場のときには「何コイツ…」と愕然としたけど(w)、性癖さえ除けば意外にも人格者でしたね。

それから、千鳥ちゃん可愛かったです。てゆーかさぁ、ぜったい園崎さんよりも千鳥ちゃんだよねぇ! 園崎さんめんどくさそうじゃん

 

・『迷家マヨイガ―』

今や「良アニメ制作請負人」とまで称される水島努監督と、若い男女のドロドロを描かせたら天下一品との呼び声高い…と言うのはこれが2回目(w)、脚本家岡田麿里がタッグを組んだのが、本作。(マリーよく働くなぁ…)

というわけで放送前はかなり期待していたんだけど…

正直、ビミョーだったかな。

「あぁなんだ、水島監督でもつまらないことってあるんだぁ」という感じです。

本作は要するに、トラウマを抱えてしまったがゆえにふつうの人生からドロップアウトしてしまった若い男女のお話なんだけど、こうした素材を扱うなら岸誠二監督のほうがもっとうまい具合に調理できたかな、と思います。

岸監督はなんてったって「トラウマの映像作家」ですからね、僕に言わせれば。

 

・『文豪ストレイドッグス

近代日本が誇る文豪たちがイケメン&エロいお姉さんになって戦っちゃうよ、というお話。

…と書いて果たしてどれだけの人が理解してくれるだろうか。はなはだ心もとない(^_^;)

かなりハチャメチャな世界観なんだけど、よく見ると随所に文学関連の小ネタがちりばめられているのがニクいw たとえば谷崎潤一郎にくっついている女子高生の妹ナオミ(CV:小見川千明は、実際に谷崎の小説『痴人の愛』に登場するヒロインの名前に由来している。

個人的には与謝野晶子さんがエロいお姉さんになっていて大満足なのでした。っていうか、女キャラ全員かわいかった。このアニメのキャラデザ、結構好みデス。

 

・『マギ シンドバッドの冒険

基本子供向けのファンタジー作品なんだけど、たまに大人をもハッとさせる『マギ』。本作はそのスピンオフアニメ。若き日のシンドバッド王の冒険を描く。

本作を観ていると、リーダーに求められる資質とは何か、よくわかりますね。

やっぱりリーダーたるもの、常に目を輝かせていないといけない。自分に絶対の自信を持っていないといけない。そうしてはじめて、人を動かすことができるのです。

…うーん、僕も見習わないといけませんねェ…(^_^;)

 

・『ふらいんぐうぃっち

青森県弘前を舞台に、高校生の魔女の日常をまったりと描く。

ジブリの不朽の名作『魔女の宅急便』を2010年代の日常系アニメにしたような感じの作品。

舞台である弘前の風景が実に綺麗!

ただ、ちょっとまったりしすぎましたかね(^_^;)

田舎を舞台としたこのテのアニメは、やたら感傷的になりすぎるか、やたらまったりしすぎるかのどちらかなので、困っちゃいます。そこいくと『のんのんびより』はやっぱりギャグとシリアスのさじ加減が抜群にうまかったよなぁ、と改めて感心した次第。

 

・『クロムクロ

背景の美しさに定評のあるP.A.WORKS作品。今回はロボットアニメなのです。

現代の富山を生きる女子高生と、戦国時代からタイムスリップしてきた侍の少年のふたりが主人公。

タイムスリップした少年は、当然ながら現代社会を見て驚きます。たとえばカレーを見てウ○コと勘違いするw いやコレ、笑い話じゃないんですよw 実際にカレーを初めて見た明治期の日本人もやっぱりカレーをウ○コと勘違いしたそうですから。

そういう細かい描写が面白かった。

でも、もっといろんなことに驚いてもいいはず。たとえば少年は侍なので当然、儒教的価値観のもとで育てられたはず。なら男女共学の高校には馴染めないだろっ、とか。照明が明るすぎるのにももっと驚けよっ、とか。いくらでもツッコミができる。

全体を通してみると、可もなく不可もなく、という感じでしょうか。ただ2クール作品のようなので、今後の展開に期待です。過去のP.A.WORKS作品『凪のあすから』は2クール目に入ってから面白くなりましたしね。

 

・『少年メイド

男の娘が可愛かった

以上。