読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

探査機ジュノー、木星に到着!

惑星探査機「ジュノー」が、このたび目的地である木星に無事到着したという。

 

祝!探査機ジュノーが木星周回軌道に、偉業を解説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 

というわけでジュノーはこれから木星の観測を開始するわけだが、木星探査機という試みは、実は今回がはじめてではない。

1995年に、その名もずばり「ガリレオ」という探査機が木星に到着しているのだ。したがって、ジュノーは21年ぶりの木星探査機、ということになる。

ガリレオとは異なり、ジュノーは木星のすぐ近くまで接近して観測することになっている。

こうなると厄介になるのが、放射線だ。

木星の周りには、きわめて強力な放射線帯がある。どれくらい強力かというと、人間なら5秒で死ぬレベル放射線である…といえばその恐ろしさが伝わるだろうか(^_^;)

ジュノーはもちろん無人機だが、機械でもこれだけ放射線を浴びれば当然壊れてしまう。ジュノーには、したがって内部の計器を放射線から守るための、チタンの保護板が備え付けられているのだそうである。

 

ジュノーはこれから、木星の内部構造について調査することになっている。

木星の内部には液体金属水素という、もはやわけのわからない形態の水素が大量に存在するとされている。この液体金属水素が木星の周囲に強力な磁場を形成し、この磁場こそが上述の強い放射線帯を生み出している(と考えられる)。

液体金属水素の層のさらに内側には核(コア)と呼ばれる部分が存在するとされており、ジュノーはそのコアについても調査する予定である。

 

太陽系最大の惑星・木星。その謎が今回のミッションでどこまで解明されるのか。今から楽しみですね♪