読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

天皇陛下、生前退位へ

風呂から上がっていつもどおりテレビをつけてみたら、NHKのニュースでなにやら葉山御用邸が映し出されている。画面左上には「天皇陛下」と四文字だけのテロップ。

嫌な予感がした。「もしかして、ご病気?」と心配していたら、飛び込んできたのは驚きのニュースだった。

天皇陛下が、生前退位の意向を表明されたという。

 

日本の歴史をひもとくと、「上皇」という言葉があった。生前に退位した天皇を指す呼称だ。院政期になると上皇の権力は頂点に達し、むしろ「退位してからが本番」という、何やら倒錯した事態となった。

しかしながら近代では、天皇が生前退位した例はない。今上天皇の生前退位が実現すれば、近代日本において初めての出来事となる。

 

僕の友人たちのネット上での反応を見ると、やはり「驚きだ」「茫然としてしまって言葉も出ない」といった声が多い。

僕も当然驚きはしたが、正直にいうと「ホッとした」というのが偽らざる心境だ。

天皇陛下は、今年の誕生日で83歳になる。一国の―それも日本のような大国の君主は、一般国民の想像を絶するほどの、極度の緊張状態に置かれているだろう

…もう、解放されるべきではないのか。

 

今やローマ法王ですら生前退位する時代なのだ。天皇陛下だって当然、生前退位しても構わないだろう。

 

今回の陛下の決断を、僕は英断だと思っている。

天皇陛下にはぜひ、平穏なリタイア生活を楽しんでほしい。

今まで、本当にお疲れ様でした。