読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

僕がせっせとブログを更新する三つの理由

本ブログの読者のみなさんならよくご存じかと思うが、僕はなるべく毎日、ブログを更新するよう心掛けている。

 

特に力を入れているのが、映画評だ。僕は「毎月30本映画を見ること」をノルマとして自らに課しているが、単に「見てハイ終わり」ではなく、必ずブログに感想を書くようにしている。

「めんどくさくないですか?」と、周囲の人に、よく聞かれる。

…ぶっちゃけ、めんどくさいッスよ(w

1回の映画評を書くのに、だいたい1時間半くらいかかっている。書き終えると、グッタリとなって、そのままベッドに横になってしまう。

 

それでも僕がせっせとブログを更新する理由は、いったい何か。

いくつかある。ひとつはーこれは以前にも書いた記憶があるけどー文章を書くことで「思考が可視化される」からだ。

よく、「自分は論理的思考ができないから文章なんて書けません!(><)」と言う人がいる。

逆だろう。文章を書くことによって論理的思考が可能になるのである。

僕はブログにて文章を書くことによって、自らの思考を可視化し、整理している。

実際にブログ記事にしてみることで、「ああ、そうか! これまで気づかなかったけど、この事象とあの事象は、実はつながっていたんだ!」と目からうろこが落ちる気分になることが、少なくない。

 

理由ふたつめ。これは先ほど述べた「思考の可視化」と関連しているのだと思うけど、過去の思考を記録として保存することができる。

たとえば映画の感想は、時間がたつと結構忘れてしまうことが多い。何年もたつと「あれ、『○○』って映画…見たときには感動したはずなのに、すっかり内容を忘れちゃってるぞ…(;´・ω・)」となることが多い。

そういうとき、ブログに書き溜めた過去の映画評を見ると、「ああ、そうか! そういう内容だったか」と思い出すことができるのだ。

映画の感想に限らず、人間の思考というのは実に儚いもので、ちょっと時間がたつとすぐに忘れられてしまう。その点、ブログに文章の形で残しておけば、それが記録として残るというわけなのだ。これは僕のような忘れっぽい30代のオジサンにとっては、実にありがたい!

 

理由みっつめ。継続して文章を書くことによって、文章力が鍛えられる。

これはちょうど、アスリートが毎日準備運動をしたり、将棋棋士が終盤力を鍛えるために毎日詰将棋を解いたりするのと同じことだ。

継続は力なり。

本当に、これによって文章力が向上する。みなさんもぜひ試してみてほしい。

 

さぁ、これからも頑張るぞぉ!