Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

「山の日」とか、何なの?

8月11日って、祝日だったんですね。

僕はこの日がくる直前まで知りませんでしたw

なんでも「山の日」とかいうのが新設されたんだとか。

海の日」に「山の日」ねぇ…はぁ、なんだか、日本の祝日ってホント、フゥと吹けば飛んでいってしまいそうな、薄っぺらいものが多いですよねぇ。

 

欧米諸国はキリスト教圏なので、キリスト教のお祭りであるクリスマスやイースターなどが、国の祝日になっています。これらの祝日は、なんとも歴史の重みを感じさせてくれます。

米国の独立記念日(7月4日)やフランスの革命記念日(7月14日)などは、どうでしょう。これらは、民衆が血を流してまで勝ち取った自由を祝福するための記念日です。ですから、これらの祝日にも、これまたズッシリとした重みがあります。

 

それに比べて、日本の祝日のこの薄っぺらさって、いったい何なのでしょうね。

「山の日」なんて(言っちゃ悪いけど)クダラナイのをわざわざ新設するくらいなら、いっそ8月15日の終戦記念日を国の祝日としてしまったほうがよっぽどいいと思うのですが、どうでしょうか。