読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

いよいよ関ヶ原へ―『真田丸』

大河ドラマ真田丸』、物語はいよいよ天下分け目の関ヶ原へとなだれ込もうとしている。

 

…率直に言って、信濃を舞台とした信繁青春編と比べると、これまでの大阪編はつまらなかった。

その理由ははっきりしている。物語の流れがとてもゆったりとしていたからだ。

信繁青春編では真田家が織田へ上杉へ徳川へ…と次々と同盟相手を変えていくので、勢力図が二転三転してついていくのがやっとだったが、大阪編では打って変わって、信繁と秀吉(と三成)の絆をじっくりと描いている。

どうしてこれだけ物語の調子が変わったのかというと、信繁と豊臣家との絆を丁寧に描く必要があったから。これがないと、豊臣にとって負け戦であることがほぼ確定している大坂の陣において、なぜ信繁が命を懸けてまで豊臣のために戦ったのかが理解できなくなるからだ。

 

大阪編、先程つまらないとは言ったが、個々の役者さんたちは相変わらず実にいい演技を見せてくれている。

信繁青春編ではなんといっても草刈正雄演じる昌幸パパのタヌキおやじぶりが面白すぎたし、内野聖陽演じる家康も伊賀越えで「わーっ!」と叫んじゃうところがかわいすぎた。ところが大阪編になるとこのふたりの出番は少なくなってしまう。とくに昌幸パパときたら、すっかり腑抜けになってしまう。彼が平時には生きられぬ「乱世の男」だということがよくわかる演出だ。

 

代わって強烈な存在感を発揮したのが、豊臣秀吉役の小日向文世石田三成役の山本耕史だ。

小日向文世というのは、実に器用で、不思議な役者さんだ。人のいい町工場のおっちゃんの役もできるし、マフィアの親玉の役もいける。『真田丸』では秀吉の性格の両面性ー人たらしな部分と残忍な部分ーが強調されており、それを演じ分けられるのは小日向文世をおいてほかになかった、というわけ。

 

山本耕史の三成もよかった。行政官僚としてはすこぶる優秀なのだけれど、他人を見下しているように見えるふしがあるので、壊滅的に人望がない。理屈っぽい性格で他人の言うことにいちいち突っかかるのも大きな減点材料だ。

ひとつ例を挙げる。朝鮮から帰国した加藤清正と話す際、石田は「お前(加藤)は案外城づくりがうまいし~」と言って褒めるのだが、ここは「お前は城づくりがうまいし~」とストレートに褒めれば良いのであって、いちいち「案外」などと言葉を入れてしまうから人をイラつかせるのである。

秀吉が健在であればそれでも良かったのだろうが、秀吉亡きあとの五大老五奉行の時代では、そうはいかない。かくして徳川のペースで時代は関ヶ原へとなだれ込んでいく。

 

徳川といえば…そうそう、ちょうど秀吉が死んだあたりから、家康が「変わった」のが面白かった。

秀吉死去の知らせを聞き、家康は(おそらくは伏見城の方角に向けて)かなり長い間合掌する。そこから家康が変わる。あの伊賀越えの時の「『わーっ!』と叫んじゃうカワイイ家康」ではなく、徳川家康と聞いておそらく多くの日本人が思い浮かべるだろう、腹黒い、政治的駆け引きに長けた、「あの家康」になっていくのだ。

こういう描き方は新鮮だ。たいていの時代劇では、家康ははじめから「あの家康」である。『真田丸』では、秀吉亡きあと、はじめて家康は「あの家康」になる。大阪編を通じて成長したのは、実は信繁だけではなかったのだ。

 

大河ドラマ真田丸』はいよいよ関ヶ原へ。兄弟分かれて戦うこととなる真田家は、いったいどうなるのだろうか。(…て歴史モノだからもう答えはわかってるんだけどw)