Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

電王トーナメント、開幕!

また今年も、“あの季節”がやってきましたね。

第4回将棋電王トーナメントが、今日から開幕しました!

 

denou.jp

 

人間のプロ将棋棋士とコンピューターの将棋対局ソフトとが雌雄を決するという、21世紀ならではの夢の舞台「将棋電王戦」。

電王戦は、これまで紆余曲折を経てきました。

最初は日本将棋連盟米長邦雄会長(当時)との1対1の対局というかたちで行われ、以降数年間はプロ棋士5人とソフト5種との団体戦形式で実施されました。

昨年度からは、人間側はドワンゴ主催の新棋戦「叡王戦」(えいおうせん)で、ソフト側は「電王トーナメント」で、それぞれ優勝した者同士が2日制2番勝負を戦うことになりました。

今春行われた(番勝負としては初となる)「第1期電王戦」で、コンピューターソフト・Ponanza(ポナンザ)山崎隆之八段に見事勝利をおさめたのは、いまだ記憶に新しいところです。

 

来年の「第2期電王戦」挑戦ソフトを決める、第4回将棋電王トーナメントは、今日から3日間、三連休を利用するかたちで開催されます。

初日となる本日は、前回の優勝ソフトであるPonanzaが全勝で堂々と予選通過を果たしました。「これぞ横綱相撲!」という感じの勝ちっぷりですね。今年もPonanzaが電王戦挑戦を決めるのでしょうか。

 

一方、人間側の挑戦者を決める「叡王戦」では、皆さんご存知あの羽生さんが「羽生九段」としてついに登場、予選を順調に勝ち上がっています。

果たして来年の第2期電王戦では、羽生さんとPonanzaによる頂上決戦を見ることができるのでしょうか。

これからどうなるか、楽しみですねっ!