Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

才能を隠すという才能―これまでの『真田丸』感想

相変わらず、大河ドラマ真田丸』を毎週欠かさずに見ています。

 

みんな大好き昌幸パパもついに亡くなり( ノД`)、物語はついにクライマックス・大坂の陣へ。

 

目を見張ったのが、成人したイケメン秀頼さまの、あのキラキラとした王子様キャラぶり。

あの長身&イケメンの御姿で「豊臣秀頼とよとみ“の”ひでより)である!」と颯爽と初登場した際には、思わず「うぉっ、まぶしっ!」と叫びそうになりましたからねw

けど同時に思ったのは、「ああ、これじゃあ豊臣方が『アレ、豊臣家…まだまだ行けるんじゃね?』と過信しちゃったのも、無理ないよなぁ…」ということ。

 

徳川方で(少なくともこのドラマでは)一番頭の切れる本多佐渡守さんが「(秀頼が)暗愚でなかったのがかえって豊臣に災いした」という趣旨のことを言っていたけど、僕にはその意味が分かる気がします。

かえって暗愚だったら、徳川主導の幕藩体制のなかにさっさと組み込まれてしまって、それはそれで、西国の有力外様大名として生き残れたとおもうんですよね、豊臣家って。

実際、家康さんも劇中で「我々の要求に応じていれば大名として生き残れただろうし、自分としてもむしろそれを望んでいた」という趣旨のことを言っていましたね。

秀頼さんがなまじ優秀だったものだから、徳川に頭を下げるのをプライドが邪魔してしまったし、また、徳川に煮え湯を飲まされた豊臣方の人間たちが秀頼さんを「反徳川」の旗印として祭り上げてしまったのですね。

 

真田丸』というドラマは、「暗愚とされてきた人物は、はたして本当に暗愚だったのだろうか」と常に問いかけてきます。

武田信玄の息子の勝頼さんは、結果として武田を滅ぼしてしまったので一般には暗愚とされがちですが、『真田丸』は、信玄が優秀すぎただけで勝頼は必ずしも暗愚ではなかった、としていました。

秀吉の甥の秀次さんも、一説には悪行が多かったとも言われていますが、『真田丸』では人望のある好青年として描いていました。

秀頼さんにしても同様で、彼の代で豊臣は滅んでしまったので「あれ、秀頼って暗愚だったのかな?」と思ってしまいがちですが、『真田丸』はむしろ、彼が優秀であったがゆえに大坂の陣が起こってしまった、としているのです。

 

…もっとも、見方を変えると、秀頼さんには「才能を隠すという才能」がなかった、と考えることもできます。

逆説的に聞こえるかもしれませんが、本当に才能のある人間というのは、TPOをわきまえて「あえて才能を隠す」という選択もできるんですよね。

とりわけ乱世においては、この「才を隠す才」が重要になってくる。秀頼さんにはそれがなかったのかな、と思います。

つまり大坂の陣は、秀頼さんがものすごい無能かあるいはものすごい有能であれば、回避できたかもしれないということです。皮肉な話ですね。

 

※これは余談になりますが、秀頼さん、『真田丸』ではスラリとした長身のイケメンでしたが、史実の秀頼さんも史料によれば身長197㎝(!)と、現代の基準からしても大変大柄な男性だったようで、父・秀吉が小柄だったことから周囲からは「本当に太閤さんの子かいな」と不思議に思われたようです。

でも僕に言わせればべつに不思議でもなんでもありません。彼の母親の淀殿は浅井家の出身。浅井家は代々長身の家系として知られてきました。秀頼さんが長身だったのも、完全に母方の浅井の血ですね。

 もっとも秀頼さん、史料によれば縦だけでなく横のほうも大きかったようで(体重161㎏!)これはいささかガッカリですねw やっぱり秀頼さんにはイケメン王子様キャラであってほしいですから。

 

さて『真田丸』、これから2ヶ月以上かけてじっくり大坂の陣を描くようで、今から楽しみです。

今までの大阪城内の描写を見るかぎりだと、どうやら関ヶ原の戦いのせいで出世コースから脱落してしまった個性豊かなドロップアウト組たちが起死回生・一発逆転をかけて戦う、という展開になるようですね。

なんとなく、南北朝時代における南朝と雰囲気が似ていて、南朝贔屓の僕はニッコリしてしまいます。

豊臣方のあのアナーキーな感じがイイですよね~w

 

真田丸』、今後の展開が楽しみです♪