読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

2016年秋アニメ感想

早いもので、今年ももう年の瀬ですね。そろそろ今期アニメも終わりです。

というわけで、当ブログ恒例となっている、今期アニメの感想です。

 

1位:『3月のライオン

ハチミツとクローバー』でおなじみ羽海野チカ原作の将棋漫画、ついに満を持してアニメ化! 制作はあの『魔法少女まどか☆マギカ』『<物語>シリーズ』でおなじみ、新房昭之×シャフトだ。

「えーっ、シャフト!? 絶対世界観が合わないでしょー?」と当初は心配の声も聞かれたけど、いざ始まってみたら例の“シャフト節”も抑え気味だったので、まずは一安心w

でも回が進むにつれてだんだんと、いつものシャフト節が出てきたかな。擬態語を人間(声優)の声で表現するとことかね。

なかでも驚いたのが、「ニャー将棋音頭」。原作でもニャー将棋のエピソードは好きなので注目していたら、どう考えても尺が足りない。「え、もう尺ねーじゃん!」と心配していたら、なんとシャフトは特殊EDというかたちでニャー将棋を映像化してしまった。

…考えてもみれば、特殊OP&EDってそれこそシャフトのお家芸だったはずなんだけど、まさかニャー将棋で特殊EDをやるとは…意外だった(;^ω^)

キャストはおおむね原作のイメージ通りで満足している。特に二階堂役の岡本信彦さんは今期アニメ一のはまり役。岡本さんは、自身もアマチュア三段の腕前を誇る実力者だ。これからも二階堂になり切って熱演を見せてほしい。

本作は2クール作品なので、来年3月まで続く(まさに“3月”のライオン!)。来クールも期待!

 

 

2位:『舟を編む

三浦しをんの原作小説をアニメ化。「辞書の編纂」という、普段あまり光のあたらない地味な世界を描く。

数年ほど前に実写映画化されたことがあり、その時は主人公・馬締(まじめ)役を松田龍平が演じていた。

松田の馬締はとっても冷血動物的な感じで、見ていて面白かった。対してこのアニメの馬締はちと小奇麗すぎるかなぁと最初はやや不満だったが、何回か見ているうちに慣れてきた。

馬締は、板前を目指す女性に求愛、結婚する。僕にとっては、なんとも理想的な夫婦だ。

僕は、夫の年収や会社を自分のステータスにするような女性は、あまり好きではない。夫ではなく、自らの価値を高めるべく、日々精進している女性が好みなのだ。

EDは、Leola『I&I』。今期アニメのOP&EDのなかで、一番気に入った曲だった。

 

 

3位:『夏目友人帳 伍』

ゼロ年代から放送の始まった『夏目友人帳』も、ついに5期(!)という、深夜アニメとしては異例の長寿シリーズとなった。

このアニメがここまで続いたのは、ひとえにクオリティーが安定しているからに他ならない。これだけ長く続いたのに、これまでつまらなかった回が一話としてなかった。

堅実なつくりが、本作の魅力なのだ。

主人公・夏目くんの事実上の養母ともいえる塔子さんは、おばさんなのに結構かわいい。前々から好きなキャラだったけど、今期ではついに塔子さんメインの回まであって、個人的には大満足であった。マジ神回。良かった。

 

 

4位『うどんの国の金色毛鞠

放送当初は全くノーマークの作品だったんだけど、第1話を試しに見てみたら意外と面白くって、そのまま最後まで見てしまったw

イメージとしては、『ばらかもん』に若干ファンタジーの要素を加えたような感じの作品だ。

「うどん県」こと香川県を舞台に、アラサー男子がタヌキの男の娘男の子と出会い、交流することを通じて、人生を見つめなおすというお話。

やはり30代を主人公にしたアニメは、いいね。僕自身が30代だからかもしれないけどw

たいていの深夜アニメでは10代の少年少女が主人公なんだけど、10代の主人公だとどうしても、結婚、子育て、人生の岐路、といったテーマを描くことができない。これらのテーマは、30代の主人公だからこそ描けるものなのだ。

 

 

5位『響け!ユーフォニアム2』

文化系でありながらノリが体育会系というなんともビミョーな立ち位置にある部活・吹奏楽部での青春を描いた、京アニ制作のアニメ第2期。

1期同様、主人公・久美子と麗奈の百合的関係性が描かれるのかな~とワクワクしていたら、今期はむしろ久美子とあすか先輩のほうの百合的関係性に焦点が当てられていて、やや意外な感じがした。

全体的に、1期のほうが学校特有の人間関係のドロドロが描かれていて、面白かった。今期はやや消化不良な感じ。

あ、でも麗奈ちゃんのブラジャーに関するネット上の議論はワロタよw

 

 

広告を非表示にする