読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

今年見た映画一覧

今年(2016年)見た映画を以下に列挙いたします。

太字表記は、その月見たなかでベストの映画です。

 

1月

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』『哀愁』『ある戦慄』『アイガー・サンクション』『愛と哀しみのボレロ』『旅芸人の記録』『喝采』『黄金の七人』『エアポート’75』『哀しみの街かど』『幽霊西へ行く』『悪魔の美しさ』『吸血鬼ノスフェラトゥ』『自由を我等に』『巴里の屋根の下』『結婚哲学』『現金に手を出すな』『ニノチカ』『大いなる幻影』『地上最大のショウ』『赤い風船』ジンジャーとフレッド』『花嫁の父』『おしゃれ泥棒』『グランドホテル』『ショウほど素敵な商売はない』『コンチネンタル』『白い恐怖』『野郎どもと女たち』『バンド・ワゴン』

 

2月

さらば、わが愛覇王別姫日の名残り』『ブロードウェイと銃弾』『バグジー』『オルランド』『現金に体を張れ』『あの子を探して』『センターステージ』『クリクリのいた夏』『ゴッドファーザー partIII』『コーラスライン』『薔薇の名前』『ブレイズ』『遠い夜明け』『ストリート・オブ・ファイヤー』『華麗なるヒコーキ野郎』『グッバイガール』『ブラック・サンデー』『ナチュラル』『栄光のル・マン』『フレンジー』『がんばれ!ベアーズ』『スケアクロウ』『狼たちの午後』『ポセイドン・アドベンチャー』『太陽がいっぱい』『モダン・ミリー』『ナバロンの要塞』『初恋のきた道』『バケモノの子

 

3月

『叫びとささやき』『魔術師』『プレイス・イン・ザ・ハート』『死刑台のメロディ』『バベットの晩餐会』『居酒屋』『アルカトラズからの脱出』『赤い靴』『イエロー・サブマリン』『肉体の悪魔』『七日間の休暇』『バグダッドの盗賊』『突然炎のごとく』『ハード・デイズ・ナイト』『ミラノの奇蹟』『シェルブールの雨傘ロシュフォールの恋人たちアデルの恋の物語』『エル・スール』『ミツバチのささやき』『新宿スワン』『海街diary』『哀しみのトリスターナ』『小間使の日記』『ひまわり』『ギター弾きの恋』『酒とバラの日々』『さすらい』『さすらいのカウボーイ』『エド・ウッド

 

4月

永遠と一日』『鬼火』『散り行く花』『望郷』『運動靴と赤い金魚』『ストレイト・ストーリー』『奇跡の輝き』『ミュージック・オブ・ハート』『オネーギンの恋文』『昼顔』『カミーユ・クローデル』『フォーエバーフレンズ』『ジェイン・エア』『フライド・グリーン・トマト』『誰がために鐘は鳴る』『二十四時間の情事』『ベルリン 天使の詩『父の祈りを』『ダウン・バイ・ロー』『アンナ・カレーニナ』『まわり道』『魂のジュリエッタ』『太陽はひとりぼっち』『ラストタンゴ・イン・パリ』『大河のうた』『大地のうた』『八月の鯨』『フリー・ウィリー』『秘密の花園』『サムソンとデリラ

 

5月

プレタポルテ』『ブロードキャスト・ニュース』『ホワイトナイツ~白夜~』『ブルー・イン・ザ・フェイス』『ハワーズ・エンド』『ザッツ・エンタテインメント』『ザッツ・エンタテインメント2』『ザッツ・エンタテインメント3』『大空港』『セント・オブ・ウーマン~夢の香り』『恋のエチュード』『女流社会』『愛情物語』『さすらい』『恋人たちの場所』『007 スペクター』『蜂の旅人』『ボヴァリー夫人』『野火』『野火』『聖処女』『伯爵夫人』『BARに灯ともる頃』『愛人 ラマン』『月の輝く夜に』『昨日・今日・明日』『魅せられて』『ああ結婚』『私のように美しい娘』『私の中のもうひとりの私』

 

6月

『誘惑のアフロディーテ』『キルトに綴る愛』『愛と哀しみの果て』『ノーバディーズ・フール』『僕の美しい人だから』『紳士は金髪がお好き』『さらば友よ』『恋愛日記』『バス停留所』『死刑台のエレベーター』『カンザス・シティ』『気まま時代』『土曜は貴方に』『艦隊を追って』『柔らかい肌』『黒いオルフェ『春にして君を想う』クイック&デッド』『カリートの道』『ヒマラヤ杉に降る雪』『バーバレラ』『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』『肉体の冠』『隣の女』『わが青春のフロレンス』『モンパルナスの灯』『令嬢ジュリー』『ジョンとメリー』『リービング・ラスベガス』『いつも2人で』

 

7月

『魔人ドラキュラ』『ミッドナイト・クロス』『めぐり逢う朝』『2010年』『アンタッチャブル』『緑園の天使』ファンタスティック・プラネット都会のアリス』『ノスタルジア』『愛の風景』『ベルベット・ゴールドマイン』『屋根の上のバイオリン弾き』『ラウンド・ミッドナイト』『モン・パリ』『ロバと王女』『最後の人』『ジャズ・シンガー』『暗黒街の顔役』『河』『ボルサリーノ』『影の軍隊』『アンドロメダ…』『冷血』『燃えつきた納屋』『ル・ジタン』『ガールズ&パンツァー 劇場版』『心が叫びたがってるんだ。』『ドラゴン・ブレイド』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『オデッセイ』

 

8月

渚にて』『オーケストラ・リハーサル』『ピアノ・レッスン』『コクーン』『リトルショップ・オブ・ホラーズ』『ノスフェラトゥ』『大陸横断超特急』『テレフォン』『メル・ブルックスの大脱走』『バニシング・ポイント』『虹を掴む男』『ユーモレスク』『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズマーラー『フォー・ザ・ボーイズ』『ペリカン文書』『マーニー』『候補者ビル・マッケイ』『袋小路』『水の中のナイフ』『ミッドナイト・エクスプレス』『バード・オン・ワイヤー』『ミッドナイト・ラン』『青いドレスの女』『ショーガール』『ハレルヤ』『ティナ』『虹の女王』『ディーバ』『夜半歌聲/逢いたくて、逢えなくて』

 

9月

『扉の影に誰かいる』『キューポラのある街』『トニー・ローム/殺しの追跡』『月光の夏』『飛べ!フェニックス』『フラッシュ・ゴードン』『Wの悲劇』『本日休診』『ハリーの災難』『股旅』『ギターを持った渡り鳥』『黒部の太陽』『郷愁』『悪名』『神様のくれた赤ん坊』『宮本武蔵 般若坂の決斗』『宮本武蔵 二刀流開眼』『宮本武蔵 一乗寺の決斗』『宮本武蔵 巌流島の決斗』『スイート・チャリティ』『姉妹と水兵』『暗くなるまで待って』『ジョニーは戦場へ行った』『コックと泥棒、その妻と愛人』『スティング』『野生のエルザ』『ヤング・フランケンシュタイン』『夜霧の恋人たち』『タワーリング・インフェルノ』『言の葉の庭

 

10月

『愛の泉』『レインマン』『リトル・ロマンス』『グレン・ミラー物語』『ラスト・ショー』『史上最大の作戦』『スイング・タイム』『チャタレイ夫人の恋人』『マグノリアの花たち』『大脱走』『スウィング・キッズ 引き裂かれた青春』『殺人幻想曲』『シャレード』『チップス先生さようなら』『ショウ・ボート』『ヘルハウス』『ブリット』『ベニイ・グッドマン物語』『ファミリー・プロット』『ブラザー・サン シスター・ムーン』『邂逅(めぐりあい)』『老人と海』『ママの想い出』『四十二番街』『ライムライト』『宇宙戦争』『グラン・プリ』『疑惑の影』『黄金の腕』『傷物語Ⅰ鉄血篇』

 

11月

『裁かるゝジャンヌ』『女と男の名誉』『裁きは終りぬ』『ぼくの伯父さん』インデペンデンスデイ・リサージェンス』『ジュラシック・ワールド』『スティーブ・ジョブズ』『アイヒマン・ショー』『完全なるチェックメイト』『歴史は夜作られる』『グリード』『恐怖の報酬』『フランケンシュタイン』『我が道を往く』『トップ・ハット』『最後の戦闘機』『赤い河』『罠』『東への道』『火の接吻』『ラジオ・デイズ』『ペギー・スーの結婚』『秘密と嘘』『裸足で散歩』『フランスの思い出』『ブーベの恋人』『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』『ハンナとその姉妹』『旅情』『木靴の樹

 

12月

『神様の愛い奴』『別れのこだま』『夜霧のマンハッタン』『マンハッタン・ラプソディ』『ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦』『キリング・フィールド』『マリリン 7日間の恋』『大統領の執事の涙』『超高速!参勤交代』『湖畔のひと月』『ロンリー・ハート』『ひとりぼっちの青春』『ゾンビ』『結婚しない女』『マージン・コール』『地下鉄のザジ』『素晴らしきヒコーキ野郎』『月蒼くして』『地底探検』『クレイドル・ウィル・ロック』『パンチライン』『華麗なる週末』『危険な関係』『パブリック・エネミー』『潮風のいたずら』『ジョイ・ラック・クラブ』『ヒーロー 靴をなくした天使』『シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛』『ジュリア』『つばさ』『帰ってきたヒトラー我が闘争 若き日のアドルフ・ヒトラー』『ゴーストバスターズ』『ファインディング・ドリー』『ストレンジャー・ザン・パラダイス

 

 

…以上365本でした。

「え、毎月30本見てるから、合計で360本じゃないの?」と思われたかもしれません。

実は、最後の12月だけは、35作品鑑賞したのです。

これで365本、一年の日数と同じ数の映画を鑑賞したことになります。

 

来年もたくさん映画を見ますっ!

広告を非表示にする