読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

活動日誌(16年12月31日~17年1月3日)

これから、「活動日誌」と題して、連休などでの出来事をブログに綴っていこうと思います。

今日は、この年末年始での出来事を記していきます。

 

2016年12月31日

午後

東京より地元・沼津へと帰省す。まずは駅北の商業施設「イシバシプラザ」へ。続いてゲーマーズ沼津店を訪れ、さらに沼津港へ。牛臥山(うしぶせやま)付近にて駿河湾を撮影したのち、実家へと帰宅。ここまですべて、徒歩での移動である。

夜 

NHK紅白歌合戦』を見る。スベり気味の謎演出に失笑を禁じ得ず。

唐突な紅組勝利で終わり、『ゆく年くる年』なんてキョーミないので風呂に入っている間に、新年2017年を迎える。あけましておめでとうございます。

 

2017年1月1日

午前

家族でお雑煮を食す。美味であった。

午後 

Facebookにて親族・友人宛てに片っ端から「あけおめDM」を送りまくる。

思うに、年賀状あるいは暑中お見舞いというのは、SNSがまだなかった時代、人間関係を自然消滅させぬよう、先人たちが編み出した知恵である。人間関係というのはほっとけば自然消滅してしまうものだから、年賀状というかたちでこまめにメンテナンスする必要があったわけだ。

その点、今はSNSという文明の利器があって、人間関係のメンテナンスもより容易となったのだから、もはや年賀状などというものはその歴史的使命を終えた、と僕は思っている。

さて、皆さんはどう思われるだろうか。

夜 

母方のいとこたちを訪ねに御殿場へ。昨年誕生した従姉の双子の赤ちゃん(♀)に初めてお目にかかる。双子なのに性格が違うところが面白い。

従姉の旦那さん(米国人)お手製のコンビーフならぬコンポークを食す。美味であった。

このほか、従兄と社会学者・小室直樹先生(1932-2010)の偉大さについて語り合った。楽しかった。

 

1月2日

午前 

箱根駅伝と、一昨年話題となったドラマ『下町ロケット』の再放送を同時並行で視聴。

箱根駅伝での注目校はやはり、青山学院大学。現在の職場が青学の近所にある縁から、ここ数年はずっと青学を応援している。今年は3年連続での往路優勝であった。

午後 

母上に車の運転を頼み、内浦へ。アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』聖地を車窓より撮影す。

楽しかったが、途中、ラブライバーと思しき男性観光客らとすれ違うたびに、母上が「ほら圭介、“お友達”がいるわよwwww」といちいち煽ってくるのには参った(;^ω^)

個人的には長井崎中まで訪れればそれで満足だったが、母上が「せっかくここまで来たんだからついでに大瀬崎まで行きましょう」などと余計なことを言い出し、結局大瀬崎へ。結構山道なのでカーブが多く、しまいには車酔いして胃酸(!)を吐く羽目に。

なんとも悲惨な年明けとなってしまった…。

夜 

家族で鍋を食す。美味であった。

ところが途中で鍋の加熱器具が壊れるというアクシデントに見舞われる。「やっぱり安物はダメね」というごくごく常識的な結論に至る。

ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯』SPを見る。ブラタモリ部分はやはり面白かったが、鶴瓶部分は微妙であった。どうしてコラボ企画なんて余計なことするんだろう。最初から最後までブラタモリでいいのに…。

 

1月3日

午前 

前日に引き続き、箱根駅伝を視聴。『アイドルマスター』の大ファンとして知られる、青学の下田裕太選手(3年)の力強い走りに感銘を受ける。下田選手のtwitterアカウントを覗いてみたらアニメと声優の話題ばかりで、失礼ながら大草原不可避であった。

青学は、運動部なのにノリが体育会系っぽくないところが非常に良い。こういう風通しの良いチームに、これからも活躍してほしいと思う。

午後 

青学の3年連続総合優勝を見届けたのち、家族で家電量販店へ。言うまでもなく、前日壊れた鍋の加熱器具を新調するためである。店内にて展示販売されていた4Kテレビの解像度、臨場感に圧倒される。

ソフト不正使用疑惑をもたれ、後に冤罪と判明した将棋の三浦弘行九段が「上州将棋祭り」にサプライズ登場したことを知り、安堵する。

夜 

早めの夕食を取ったのち、東京へと戻る。空気が柔らかい沼津と違って、東京は空気が冷たく、はりつめている。

ブログ更新後、YouTubeになぜか上がっていた某科学番組を視聴し、就寝。