Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

加藤九段、引退へ

今日は残念なニュースをお伝えしなければなりません。

将棋の加藤一二三(ひふみ)九段の引退が決定してしまいました。

 

www.huffingtonpost.jp

19日行われた順位戦C級2組での対局で加藤九段が敗れたことにより、この組からの降級が決定。定年規定により、加藤九段の引退が決定したのです。

 

加藤九段は1940年1月1日生まれの77歳。史上はじめて中学生でプロ棋士となり、世間を驚かせました。その後の活躍も目覚ましく、18歳の若さでA級に昇級、「神武以来の天才」と謳われました。この最年少となるA級昇級記録は、いまだに破られていません。

1982年には将棋界最高峰のタイトルである名人位を獲得、名実ともに将棋界の第一人者となりました。

近年ではテレビのバラエティー番組でも大活躍! その個性的すぎるキャラクターが若者の間で大人気となり、「ひふみん」の愛称で親しまれるようになりました。

 

最近では、同じく「中学生棋士」である、藤井聡太四段との対局が話題となりました。

加藤九段は、19世紀生まれの棋士と対局したことがあります。このたび、2002年生まれの藤井四段との対局が実現したことにより、加藤九段は19、20、21世紀生まれの棋士と対局したことになりました。

加藤九段は自著などで、21世紀生まれの棋士との対局を熱望していました。棋士人生の最後にこの夢が実現されたことを、将棋ファンとしてうれしく思います。

 

今回、残念ながら加藤九段の引退が決まってしまいましたが、まだ「引退が決まった」にすぎず、今年の4月から6月まではまだ対局が予定されています。

実は今日(20日)も加藤九段の対局が行われており、そこでなんと最年長勝利記録(77歳0か月)を達成! これまたニュースになりました。

 

mainichi.jp

 

これからもまだしばらくは、加藤九段の勇姿を見ることができそうです。

皆で「ひふみん」を応援しましょう!

広告を非表示にする