読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

【将棋】三浦九段、公式戦に復帰!

“彼”がついに、将棋の世界へと帰ってきました。

 

本日(2月13日)、東京・千駄ヶ谷将棋会館にて、三浦弘行九段が4カ月ぶりとなる公式戦を迎えました。相手はなんと、あの羽生善治三冠です!

 

www3.nhk.or.jp

三浦九段は、将棋界のトップ10が集う順位戦A級クラスに名を連ねる、れっきとしたトッププロ棋士のひとりです。一日十何時間(!)も将棋の研究にあてるというストイックな姿勢が、将棋ファンから支持されてきました。

そんな三浦九段ですが、昨年秋、思いもよらぬ悲劇に見舞われました。

ソフト不正使用疑惑がもたれ、棋界最高峰の棋戦・竜王戦への挑戦権を獲得していたにもかかわらず、日本将棋連盟より出場停止処分を受けてしまったのです。

その後設置された第三者委員会の調査により、昨年末、ようやく三浦九段の潔白が明らかとなり、今回こうして4カ月ぶりとなる公式戦対局が実現しました。

なお、連盟は今月7日、公式に三浦九段に謝罪しました。

 

将棋ファンのひとりとして、今回のニュースを非常に喜ばしく思います。

昨年の三浦九段の公式戦対局は、橋本崇載八段とのNHK杯が最後でした。あの時は「これが三浦九段の対局姿を見られる最後の機会になるかも…」と不安に思いましたが、今回こうして4カ月ぶりに三浦九段の対局姿を見ることができ、とても安心しました。

それも相手があの羽生さんだなんて! いくらなんでも筋書きが出来過ぎじゃありませんか?(w

 

実を言うと、三浦九段は羽生さんとは不思議な因縁があるのです。

1996年に羽生さんが将棋史上初めて七冠独占を果たしたとき、その羽生さんに勝利して最初に七冠独占を崩したのが、何を隠そうこの三浦九段だったのです!

2010年には、当時名人だった羽生さんと三浦九段との間で、名人戦が行われました。結果は三浦九段の4連敗で終わったものの、名人戦にふさわしい、非常にハイレベルな戦いとなりました。

そして今回、三浦九段は4カ月ぶりの公式戦の相手として、羽生さんを迎えたのです。

 

報道によると、今回の対局の前に、こんなやり取りがあったのだそうです。

三浦九段は今回の復帰戦にあたり、“自身に限って”金属探知機や持ち物チェックなどの身体検査を行うよう連盟に訴えていました。

しかし羽生さんが「対等な条件で戦いたい」と申し出たため、身体検査は羽生さん三浦九段双方に行われることとなったのです。

なんともいい話ですね。

 

m.sponichi.co.jp

www.asahi.com

本日2月13日はなんと、三浦九段の43歳の誕生日でもあります(三浦九段は1974年2月13日生まれ)。三浦九段にとっては、勝っても負けても、実に感慨深い誕生日となったのではないでしょうか。

 

実を言うと、このブログ記事を書いている現時点(22時)でもなお、対局は続いています。

三浦九段は果たして、ひさびさの公式戦を白星で飾ることができるでしょうか。

 

三浦九段を応援しましょう!