読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

最近見た映画の感想(第140回)

・『うたかたの恋』

19世紀オーストリア。皇太子ルドルフが、男爵令嬢マリーと恋に落ちてしまう。が、この身分違いの恋に、当時に世間の風当たりは実に冷たかった。ふたりはついに、心中を決意する…

本作は、1889年に実際に発生した「マイヤーリング事件」に材を取った映画である。

フランスで1936年に制作されたものだが、日本での公開はずっと遅く、1946年になってようやく日の目を見たのであった。

どうして公開がここまで遅れたのかというと、上述のとおり、オーストリアの王室のスキャンダルをテーマとした作品だから。

戦前の日本では、皇室はもちろんのこと、海外の王室であろうと、スキャンダルを描いた作品はご法度だったのデス。

 

うたかたの恋 [DVD]

うたかたの恋 [DVD]

 

 

・『オンリー・ユー』

未婚の女性主人公。子供時代にある占い師から「アンタの運命の相手の名は『デイモン・ブラッドリー』」と教えられ、大人になった今でも相変わらずそれを信じている。

それでも、いつまで経ってもそのブラッドリーさんが現れないものだから、いよいよ諦めて、適当な相手と婚約してしまう。

が、式の直前になってデイモン・ブラッドリーを名乗る男性の存在を知り、「これぞ運命の人!」と、たちまち彼を追ってイタリアへと行ってしまう…。

本作はこのようにラブコメ映画なのだが、いい歳していまだに子供時代の占いを信じている主人公がただの頭のオカしい女にしか思えず、個人的には1ミリたりとも主人公に共感できない映画だった(;^ω^)

ただし観光映画としては、一見の価値がある。

本作において重要な役どころを演じているのは、ロバート・ダウニー・Jr―のちの『アイアンマン』である!

 

 

・『乙女の湖』

スイス・チロル地方にある湖を訪れた、貧乏な主人公の青年。そこでひと夏の間、水泳の講師として働くことになる。

ある日、彼は湖のなかで溺れているところを―水泳の先生なのに!―ある若い女性に助けられる。彼女は湖の対岸にある城に住んでいる、ある貴族の娘だった。

主人公は、ひと夏での滞在を通じて、次第に彼女と恋仲になっていく…。

舞台であるチロルの湖が、実に美しい。1933年制作、と古い映画なので当然モノクロなのが残念だ。

朝もやに包まれる湖の様子をカラー映像で見られたら…と悔やまれる。

 

乙女の湖 [DVD]

乙女の湖 [DVD]

 

 

・『ポルターガイスト

米国と日本とでは、ホラー映画のつくりがだいぶ異なる。

米国のホラーは、物理的な意味での恐怖である。霊は実際に家具を動かすなどのポルターガイスト現象を起こし、人間を恐怖に陥れる。

対して、日本のホラーは、心理的な意味での恐怖である。物理的な暴力を振るう霊は、日本では意外と少ない。日本のホラーでは、例えば、誰もいないはずの夕暮れ時の教室にポツンと女の子がひとり立っている…といった演出が好んで用いられる。

今回ご紹介する本作は、タイトルもズバリ『ポルターガイスト』。完全に米国ホラーの作品である。制作はあのスティーブン・スピルバーグ

とある新興住宅地に暮らす平凡な一家。だが彼らの家は、次第に異変に見舞われる。ついには激しいポルターガイスト現象が発生、まだ幼い娘が死者の世界へと連れ去られてしまう…

異変の原因は、新興住宅地が“ある土地”の上に強引に開発されたことによる。ネタバレになるので詳細は伏せるが、日本の怪談でもわりとよくある話であった。こういう点は、日本のホラーとも共通するようだ。

ネタバレにならない程度に、ヒントをひとつ。冒頭、母親が死んだインコをトイレに捨てようとすると、それを見た幼い娘が泣いて抗議。結果、インコはきちんと埋葬されることとなった。

死んでしまった人や動物の遺骸を大切にしない人間たち。死者は彼らにこそ怒りを抱き、立ち上がるのである。

 

ポルターガイスト 特別版 [DVD]

ポルターガイスト 特別版 [DVD]

 

 

・『放射能X』

核実験に伴う放射能汚染が原因で、アリが突然変異して巨大アリとなり、ついには人間たちに襲い掛かる! …という内容の、B級パニック映画である。

このブログでは以前、『大アマゾンの半魚人』なるB級映画を取り上げたことがあるが、本作も基本的なノリは『半魚人』と共通している。

もっとも、半魚人がただ探検者一行を襲うだけだったのに対して、こちらの巨大アリさんたちのほうは、合衆国政府をしてLAに戒厳令を布告せしめるところまで行くのだから、大したもんである。この勝負、巨大アリさんたちの勝利!(w

キュキュキュキュ…とナゾの音を出しながら攻撃してくる巨大アリさんたち。それでも例によって子供には手を出さない。

どんな怪物といえど、美女と子供だけは絶対に殺さない。これぞハリウッドのお約束である♪