読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

書評『日本語は論理的である』

日本語は非論理的な言語である。

 

↑こういう誤解が、世の中には根強くある。

それも外国人がそのような偏見を抱いているのならまだしも、あろうことか当の日本人が「日本語は論理的じゃないからなぁ…」などとボヤくのだから始末に負えない。

僕の個人的な経験からすると、中学・高校の英語教師(もちろん日本人)に「英語は論理的。それにひきかえ日本語は…」と英語をageて日本語をsageる輩が多い。

 

そういう輩には、このスレッドを読ませてやりたいものだ。

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「なんて論理的な言語なんだ」 日本語の構造を簡易化した図が外国人に大好評

ここでは海外の人間が、むしろ日本語が論理的であることに驚いているからである。

 

いったいぜんたい、日本語は論理的なのか、否か。

今日ご紹介する『日本語は論理的である』講談社は、まさにタイトルの通り、日本語は論理的な言語であると訴える本だ。

著者は、東京電機大教授の月本洋さん。人工知能の研究者として知られる。

 

本著の大まかな内容は以下の通り。

まず著者は、従来なされてきた「日本語は非論理的な言語で…」といった類の日本語否定論ないし日本語特殊論の系譜を振り返る。

次に、日本語の論理と英語の論理とを比較し、両言語の間で用いられる論理の形式に違いがあることを指摘するのである。

 

日本語と英語の違いとは何か。簡単に言えば、日本語は必ずしも主語を必要としない言語だということである。

日本語において、本当に重要なのはむしろ述語のほうだ。主語には必ずしも重きが置かれない。だから、ときとして主語は省かれるのである。

「主語がない」という性質は、日本語の非論理性の証拠として挙げられることが多いが、重きが置かれない以上、省略されるのは当然なのである。

著者は、世界に何千とある言語のなかで、主語を必ず必要とする言語は英語、ドイツ語、フランス語など数えるほどしかないと指摘している(逆に言えば、それ以外の大多数の言語は、必ずしも主語を必要としていないということでもある)

 

著者は次に、そもそも論理とは何か、について説明していく。

ここは、言語学というよりかはむしろ、論理学に属する内容だ。「論理学なんて何が何だかよく分からないよ~」という方にとっては目まいすら覚える内容かもしれない。そういう人は、この箇所を読み飛ばしてもかまわないと思う。

結構高度な内容なので、詳細な説明は省くが、著者はこの章における議論から、日本語は(巷間での誤解に反して)論理的であると結論づけている。

 

にもかかわらず、社会の隅々で「日本語には論理がないしなぁ…」といった誤解が生じるのは、いったいどうしてなのか。

著者はその原因を、学校で教えられるいわゆる「学校文法」に見ている。

この「学校文法」なるもの、実は明治時代に日本語に無理やり英文法を当てはめてつくられたもので、それゆえに日本語の文法としては甚だ問題を孕んだ文法なのである。

この学校文法こそ、日本語は非論理的であるとの誤解を生んだ張本人である、と著者は糾弾し、こうした誤解を「自虐的言語観」と呼んで厳しく批判している。

自虐史観」というのはよく聞く言葉だが、「自虐的言語観」という言葉に触れるのは初めてだ。「自虐的」とは、なにも歴史教育の専売特許ではなかったのである。

 

終盤、「小学校英語教育は廃止すべきである」という、なんとも“愛国的”な章で本著は締めくくられる。

「英語教育よりも、まずは国語力。国語力こそが基礎であり、その上に初めて外国語力が身につく」

佐藤優さん渡邉哲也さんはそう主張していたが、本著の著者である月本さんは、また違うロジックに基づいて、小学校英語教育を批判している。それは、脳科学を応用したユニークな主張である。気になる方はぜひ本著を読んでみてほしい。

 

終始、月本さんの「愛国心」が溢れ出ているという印象を受ける著作である。

彼の言う「自虐的言語観」に毒されているのは、なにもいわゆるサヨクだけにとどまらない。我こそは愛国者なりと自負している人のなかにも、無意識のうちに自虐的言語観に毒されているというケースはある。

ある保守派の女性シンガーが、自らの歌う歌について、「これは日本を主語とする歌なのだ」と説明していたのが、僕には妙に印象に残っている。

それだけ自分は日本を大事にしているのだ、とご本人は言いたかったのだろう。だが、そんな彼女の考えとは裏腹に、「日本を主語とする~」という発想自体が、主語を特別視する欧米中心の言語観に基づいたものなのだ。

本当に日本を愛するというのであれば、むしろ「主語なんていらない」と言うべきではなかったか。

欧米中心主義に基づく、言うなれば「主語絶対主義」から、自由になるべきだったのである。

 

 

日本語は論理的である (講談社選書メチエ)

日本語は論理的である (講談社選書メチエ)