Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

書評『宇宙開発と国際政治』

皆さんは、『ライトスタッフ』というアメリカ映画をご存知だろうか。

宇宙飛行士に選抜された元空軍のエリートパイロットたちが、厳しい訓練に耐えながら宇宙を目指す、という内容の映画である。

ここで注目してほしいのは、彼らが元軍人である、という点だ。

日本では、「宇宙飛行士=科学者」というイメージが、どうしても根強い。

日本人は「宇宙=夢=平和」という具合に、本来ならば必ずしも連関のないはずの「宇宙」「夢」「平和」といった言葉を、平気で等式でつなげてしまう。

アメリカは、しかしながらそうではないのだ。彼らにとっては「宇宙飛行士=軍人」というイメージが普通である。当然、彼らは「宇宙=軍事」と、平然と等式で結ぶ。

 

本日ご紹介する『宇宙開発と国際政治』岩波書店は、日本人の憲法9条的な宇宙観に再考を促す良著である。

著者は、政治学者の鈴木一人さん。彼の専門は国際政治であり、本来はEUが主な研究対象であったという。そんな鈴木さんが、どうして宇宙に関心を持つに至ったか。

EUの宇宙政策について研究しているうちに、関心の対象が世界各国の宇宙開発へと移ったからなのだという。ご本人曰く、宇宙自体にはあまり興味がない(!)とのこと。日本で宇宙に関する著作を書く人はたいてい、「三度の飯よりも宇宙が大好き!」という方がほとんどなので、鈴木さんは珍しいタイプと言えそうだ。

※先月末に取り上げた小野雅裕さんの本と比較してみてほしい。小野さんの本は、宇宙への夢とロマンにあふれていた。

 

開巻、鈴木さんはこう宣言する。

≪しばしば宇宙開発にかかわるニュースは、「未来のテクノロジー」「人類の夢」「新たな宇宙時代の始まり」といった見出しつきで報道され、あたかも宇宙開発が進めば、「新しい世界」が生まれるかのような印象を与えている。(中略)しかし、本著はそうした宇宙開発のイメージを排し、あくまでも宇宙開発を国際政治の一つの舞台として捉え、宇宙開発を進める国々がどのような意図と目的をもって、宇宙開発に投資し、宇宙システムを運用し、国際政治に影響を与えようとしてきたのかを分析する。≫(2‐3頁)

本著はおおまかに、第1部と第2部とに分けられる。

第1部は、各国の宇宙開発の歴史がテーマだ。 まず第1章でアメリカ、第2章で欧州、第3章でロシアソ連、第4章で中国、第5章でインド……という具合に、各国の宇宙開発への取り組みの歴史が解説される。第6章の主役は、われらが日本だ。

ここでも鈴木さんの筆致が一貫しているのは、「宇宙=夢=平和」という日本人の憲法9条的な宇宙観を打ち砕く、ということ。

たとえばかの有名なアポロ計画についても、そのモチベーションはあくまで「アメリカがソ連との宇宙競争に勝つこと」であったことが強調されている。

 

それぞれの国によって、宇宙開発の性格は異なる。鈴木さんは、宇宙開発技術を「ハードパワー」、「ソフトパワー」、そして「社会インフラ」の3つに大別する。

ハードパワーというのは、要するに軍事目的での宇宙開発技術のことである。ソフトパワーというのは、必ずしも軍事的効果は大きくないのだが、国力が大きくなったことを内外に印象づける象徴的な技術――つまり国威発揚としての宇宙開発技術を指す。有人宇宙開発はその典型だ。最後の社会インフラというのは、要するにGPSなど、人々の生活に役立つ技術のことである。

冷戦時代のソ連は、ハードパワーからソフトパワー、そして社会インフラ重視という経緯をたどった。インドは、社会インフラの一本槍。我らが日本はというと、最初はソフトパワー重視だったが次第にハードパワーも重んじるようになり、今日では社会インフラも視野に入れるようになったのだという。

 

……以上が、本著第1部の要約である。続く第2部では、宇宙開発の現状や今後の課題について語られる。

と言っても、月面基地を建設するとか火星有人飛行を実現するとかいった夢のある話ではない。繰り返すが、本著はそういった「夢」を極力排除することを目的に書かれた本だ。

第2部で俎上に載せられるのは、スペースデブリの問題をどうするかといった、極めて現実的な話ばかりである。鈴木さんの筆致は、どこまでもクールで、ドライだ。

 

「宇宙から見た地球には、国境線は見えません」という言い回しがよくされるように、日本人の多くは宇宙を、リアルポリティックスの外部にある空間と見なしている。だがそれは誤りだ。日本人の宇宙への幻想を打ち砕く良著として、僕は本著を強く勧めたい。

 

※今日、宇宙空間は陸海空そしてサイバー空間とならぶ、新しい戦場とみなされつつある。これについては、過去に本ブログにてご紹介した『「第5の戦場」サイバー戦の脅威』『軍事革命(RMA)』も併せて読んでほしい。

 

宇宙開発と国際政治 (岩波オンデマンドブックス)

宇宙開発と国際政治 (岩波オンデマンドブックス)