Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

2018年冬アニメ感想(おまけ)×春アニメ注目作

先日は、2018年冬アニメの感想をランキング形式にて紹介した。

本日は、先日取り上げられなかったアニメ作品について、ごくごく簡単に感想を書くと同時に、今月から放送の始まる春アニメのなかから、個人的に注目している作品をいくつかピックアップしてみたい。

 

・『博多豚骨ラーメンズ

女装がもはや市民権を獲得した感のある、昨今の日本社会。ついには女装する殺し屋なる特異なキャラクターまで産み出すに至った。

主人公・林憲明は日常的に女装して過ごすという殺し屋。それも、仕事の都合での変装とか性同一性障害とかではなく、純粋に女物の服が好きだからという理由で女装しているというのだから、また面白い。

心は普通に男性なので、喋りも男言葉だし、座るときも平然と股を開けている(w

こんな林憲明のキャラクターを荒唐無稽と捉えるのは、女装の世界を知らない人である。少数とはいえ、このテの女装者も実際にいる。

そんな林ともうひとりの主人公・馬場善治とのコンビは、もはやBLのカップリングと呼んだほうがいいくらいか(w)

オネエ口調のゲイのキャラクターも出てくるし、こういうLGBT性的少数者の活躍するアニメを作れる日本社会の懐の広さには、素直に感動してしまう。

 

・『からかい上手の高木さん

とにかく「高木さんかわいい♡」の一言に尽きるアニメ(w

心理的駆け引きでつねに西片くんを圧倒する高木さん。が、最終回直前になって初めて動揺した様子を見せる。そこがまた、普段とのギャップを感じさせ、なおのことかわいい。

……あれ、結局「高木さんかわいい」しか言ってないぞ、俺(;^ω^)

 

・『ラーメン大好き小泉さん

タイトル通り、ラーメンが大好きな女子高生・小泉さんのお話。

毎回安定して面白く、作画も良いので、安心しながら見ることができた。

それにしてもラーメンが大好きな小泉さんのことが大好きな大澤悠ちゃん、ちょっとストーカー気質で将来が心配ですねェ……(;^_^A

 

・『銀魂

これまでさんざん「終わる終わる詐欺」と揶揄されてきたアニメ『銀魂』、いよいよ最終章「銀ノ魂篇」へと突入!

……したのだけれど。『銀魂』は基本ギャグでたまにシリアスな長編を挟むからメリハリがきいてくるのであって、ずっと長編をダラダラ続けられると、正直ダレるんだよなぁ。春クールはいったん休止で夏クールから続きをやるみたいだけど、視聴やめようかしら(^▽^;)

 

・『だがしかし2』

日本人のソウルフード・駄菓子をテーマにしたアニメ。第二期。

今期からスーツ姿のエロい新キャラクターが登場。いろいろな意味で、ごちそうさまでした(←?)。

 

・『たくのみ。

上述の『だがしかし2』とセットで放送された、こちらはお酒をテーマにしたアニメ。就活生の女の子が可愛かったです。

 

 

 

つづいて、春アニメのなかから個人的に注目している作品を、いくつかピックアップ。

 

・『銀河英雄伝説 Die Neue These』

宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品、『宇宙戦艦ヤマト2199』がアニメファンから好評をもって迎えられたのは、記憶にあたらしい。

そんな『ヤマト』に続けとばかり(?)、あの『銀河英雄伝説』がリメイクされて帰ってきた。

銀河英雄伝説』といえば、とにかくやたら話数が多く――全110話――声優陣があまりに豪華であるため『銀河声優伝説』と皮肉られたことで有名な、大作アニメである。そのファンは多く、経済評論家の上念司さんや憲政史家の倉山満さんも同作の熱烈なファンとして知られている。

そんな『銀河声優伝説』……じゃなかった、『銀河英雄伝説』、はてさてリメイク版の完成度はいかほどだろう。刮目して待ちます。

 

・『シュタインズ・ゲート ゼロ』

僕のお気に入りのアニメ作品に『STEINS;GATE』がある。

脚本がよく練られており、2クールアニメにありがちな中盤の弛みが一切なく、無駄な回がひとつとしてなかったのが、この作品を気に入っている理由である。

本作はそのスピンオフ。ヒロイン・紅莉栖が死亡してしまった「もうひとつの世界線」が描かれる。

今から楽しみだ。

 

・『あまんちゅ!~あどばんす~』

キューバダイビング部の女子高生たちを、ふんわりとしたタッチで描く。

原作者は天野こずえテラフォーミングされた未来の火星を描いた『ARIA』の作者として知られる。

さすがに火星に聖地巡礼することはできそうにないが(w)、本作の舞台・静岡県伊東市ならば問題なかろう。なんなら、『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台・沼津市とセットで訪れることだって可能である。

昨今ではアニメファンによる聖地巡礼地域活性化ビジネスとして注目されているようで、伊東市も広報で本作を取り上げるなど、かなり前向きのようだ。はたして伊東市は第二の沼津になれるかな?(w

 

・『ソードアート・オンライン オルタナティブ ーガンゲイル・オンラインー』

人気アニメ『ソードアート・オンライン』の、これまたスピンオフ作品。

こちらではキリトくんやアスナちゃんは出てこないようだけど、これはこれで楽しみである。

 

・『PERSONA5 the Animation』

『PERSONA』シリーズ最新作『5』、いよいよ満を持してアニメ化。

前作『4』は結構面白かったので、本作も期待しております。

 

・『鬼灯の冷徹 第弐期 その弐』

低音ボイスが魅力のドSキャラ・鬼灯さんが、1クール分の休止を挟んで帰ってきた。

今期も楽しいギャグを期待しておるよ。