Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

書評『実存と保守』

評論家・西部邁さん(1939-2018)

思えば僕は、これまで彼の著作をあまり読んだことがなかった。

カタカナ語をふんだんにちりばめた独特の文体、討論番組で旗色が悪くなるとさっさと議論を切り上げて帰ってしまうなどの奔放な振る舞いが、僕を彼の本から遠ざけさせてきたのかもしれない。

今は、彼の本をもっと読んでおけばよかった、と後悔している。

 

さぁ、昨日に引き続き、今日も西部さんの著作をご紹介するとしよう。

『実存と保守 危機が炙り出す人と世の真実』角川春樹事務所)である。

 

本著は、先日の『知性の構造』と比べれば、わかりやすい本である。皆さん、どうかご安心を(w

とはいえ、例のカタカナ言葉を多用したがる“西部節”は、本著でも相変わらずだ。まぁ、いい語学の勉強だと思ってください(;^ω^)

 

本著は、読みやすいとはいえ、なんだか不思議な感じのする文章である。評論とエッセイがごちゃ混ぜになったような、じつにちゃんぽんな文章なのだ。

基本的には西部さんが、いかにも彼らしく、昨今の日本社会の退廃を嘆いてみせるのだが、その合間合間に「ある青年」の昔話が挿入されるのである。

その「青年」とは、察しの良い読者ならすぐピンとくるだろうが、西部さんご本人に他ならない。

「青年」は北海道に生を受け、生来の優秀さゆえに東京の大学へと進学した。そんな彼には、しかしながら幼少のころからの吃音、つまり「どもり」癖があった。彼は高校時代、ある悲運な事故に遭遇し――これについては後述――そのせいで吃音がますます悪化、一時期はほとんど失語症と言っていいほどの状態にまで陥ってしまう。

それでもなんとか立ち直った彼は、東京にて学生生活を送った。当時は、60年安保闘争の真っ只中。「青年」もご多分に漏れず学生運動に熱中、警察に逮捕されることすらあった。今日であれば「学生時代に逮捕された」という経歴がついた時点で確実に人生終了であろうが(w)、当時の日本社会はじつに牧歌的であった。左翼青年への世間の風当たりもまだ優しかったこともあり、「青年」は釈放後も無事大学に留まることができ、やがて知識人として世の名声を獲得するに至ったのだった。

それでも彼は、やはり本質的に孤独な人だったのだろう――それには、彼の故郷・北海道の冷涼な気候も関係しているのかもしれない。彼はやがて大学を去り、在野の評論家へと転身を果たす。そうしてかつての「青年」は、今日我々が知る「あの西部さん」になったというわけなのだ。

 

さて、高校時代に「青年」、つまり西部さんを襲った「ある悲運な事故」とは、いったい何だったのか。

それは、自分の目の前で妹さんが交通事故に遭い、一時は生命の危機にまで陥ったという、なんとも悲痛な出来事であった。

彼はこの事故によるショックで、ほとんど失語症になりかけた、という話は上述のとおり。この事故は、彼の後々の人生にまで、暗い、暗い影を投げ落とした。

私事で恐縮だが、僕にも妹がひとりいる。僕にとってはかけがえのない、血を分けたきょうだいだ。僕が、彼女が、同じ境遇に陥ったとしたら、僕はやはり失語症になっただろうか。分からないけれど、僕にとって生涯最大の悲劇として、西部さんと同様に、後々まで暗い影を投げ落としたに相違ない。

 

本著を読み終えて、あらためて、「青年」=西部さんは、とても孤独な人だったのだな、ということが身に染みて分かった気がした。

本著が著されたのは、2013年。このときすでに、彼は自らの孤独な最期を見通していたのかもしれない。

≪「平和と民主」の時代にあっては、この男に死ぬのにふさわしい「時と所と場合」がうまくみつかるはずもなく、とうとう七十四年の馬齢を重ねる仕儀となってしまった。だから、もう自然死なり病死なりしか待っていない、と彼は予想している。しかし、そういう凡庸な死が近づいてきた段階で「周囲にかける面倒」を少なくするため「自殺」する、という選択肢が残されている。≫(163‐164頁)

周知のとおり、西部さんは今年1月、多摩川にて入水自殺を遂げた。

最期の瞬間、西部さんの脳裏をよぎったのは、どんな光景だったろう。おそらくそれは、故郷・北海道の荒涼とした原野だったのではあるまいか。

 

実存と保守 危機が炙り出す人と世の真実

実存と保守 危機が炙り出す人と世の真実