Furusawa Keisuke's blog

政治から映画、アニメ、将棋まで幅広く語ります。

2018年秋アニメー10月までの感想

今日は例によって、この10月から放送の始まった秋クール深夜アニメに関する感想を、ごくごく簡単に書いていくこととします。

 

・『ソードアート・オンライン アリシゼーション』

僕は『ソードアート・オンライン(SAO)シリーズが大好き! アニメ第1期、第2期はもちろんのこと、劇場版だって見たし、スピンオフ作品『オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』も含めて、全部見た。

本作『アリシゼーション』は、待望のシリーズ最新作(第3期)。今回も第1期同様、主人公・キリト君がログアウト不可能のヴァーチャル世界を冒険するという内容のようなので、ワクワクする。

やっぱり、「ログアウト不可能」というのはデカいね。緊張感が全然違うのだ。アニメ第2期が1期と比べてやや面白味に欠けたのも、これが原因だろうと僕は思っている。

今回はなんと4クール(丸一年!)という超大作になるのだそうで、今から楽しみだ。

 

・『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』

なんとも奇妙なタイトルだがw(;^_^A、内容のほうもかなりぶっ飛んでいる。

主人公の少年・梓川くんは、ある日図書館にて、なんとバニーガール姿(!)のヒロイン・桜島先輩を目撃してしまう。どうやら奇抜な格好の彼女の姿が見えるのは梓川くんだけで、周りの人々には見えないようだ。いや、単に見えないというだけでなく、人々はやがて、彼女の通う学校のクラスメートまで含めて、桜島先輩の存在自体を忘却してしまう。日が経つごとに、彼女を記憶する人の数は減っていき、ついには……。

本作は、美人だけれどもやたら気の強いヒロインと、ニヒルでシニカルな感じの主人公という取り合わせ。「これじゃあ、まるでハルヒキョンだなぁ」と、僕のような30代のおじさんオタクはつい考えてしまう。

……と、そうこうしているうちに、なにやらエンドレスエイトみたいな話まで始まってしまった(w)。なんだこりゃ!? 完全にハルヒじゃん!(www

そうなのだ(w)。本作は『涼宮ハルヒ』をベースに、(会話のスタイルの点で)『<物語>シリーズ』と(キャラデザの点で)『俺ガイル』の要素を混ぜ合わせたようなアニメだったのである。いうなれば「2010年代にアップデートされたハルヒ」といった感じ。

今期、上述の『SAO』とならんでとても楽しみにしている作品である。作画が良好なのもなお良し。

僕は桜島先輩推しです♡

 

・『やがて君になる

女の子同士の同性愛をテーマにした作品である。

近頃ではカワイイ女の子たちがキャッキャウフフする百合モノの作品も珍しくなくなったが、本作はそれらよりずっとリアルに、レズビアンの少女たちを描き出している。

主人公の女の子は、なんと同性の生徒会長から唐突に愛の告白を受けてしまう。

この生徒会長、長身でいつも堂々としており、女子生徒からの人気も高い。一見すると典型的な「憧れのセンパイ」なのだが、実は結構弱い一面も秘めていて、主人公にだけはそうした「弱い自分」を隠そうとしない。

一方、主人公のほうはというと、一見いかにも普通の女子、といった感じなのだが、意外にも我が強い一面がある。このように、主人公と生徒会長の印象がときに逆転するところがなんとも面白い。

本作では、このふたりに加えてさらに、副会長も交えた三角関係を描く。もはや生徒会長の親友などという次元を超えて「本妻」ポジションにおさまろうとしている副会長。序盤の時点ではやくも主人公に対して「女の嫉妬」をちらつかせているくらいだから、終盤ではさぞや修羅場になるのでしょうねぇ……(ガクブルw

 

 ・『色づく世界の明日から』

背景の美しさに定評のある、アニメ制作会社・P.A.WORKS

今年のP.A.WORKS作品は、『ウマ娘』にしろ『天狼』にしろ、この会社の持ち味である背景の美しさがあまり発揮されないタイプのアニメだったけど、本作にいたってようやく、お得意の美しい背景をたっぷり鑑賞できるようになった♪

ストーリーは、60年後の未来世界から少女が現代へとタイムスリップしてきて、少女時代の祖母と交流するというもの。といってもSF色は薄く、青春モノと言ったほうがよさそうだ。

今後の展開と作画に期待。

 

・『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

おなじみ『ジョジョ』シリーズのアニメ第4期(物語としては第5部)

今回の舞台は、地中海の陽光まぶしいイタリアだ。やっぱり『ジョジョ』の舞台は、海外のほうがふさわしい。第4部は日本が舞台だったが、日本の風土と作中の世界観とが明らかにミスマッチであり、そのせいか個人的にはイマイチに感じられたものだ。

主人公ジョルノ・ジョバァーナを演じるのは、小野賢章。『黒子のバスケ』の主人公・黒子テツヤ役でおなじみだ。奇しくもこれで、『黒バス』の火神くん、テツくんともに『ジョジョ』主人公の座を射止めたことになる(中の人ネタねw)

 

・『とある魔術の禁書目録Ⅲ』

こちらもおなじみ『禁書目録』シリーズのアニメ第3期だ。

まぁぶっちゃけ、僕はその姉妹作品である『超電磁法』のほうが好きなんですけどね(w

見るからに「近未来都市」といった印象の学園都市だが、そこに暮らすキャラクターたちが相も変わらずガラケーでメールを送受信するのは、なんとかならないものですかねぇ……w(;^_^A

 

・『BANANA FISH

こちらは前クールからの継続作品。

2クール目に突入しても相変わらず、主人公・アッシュと英二のおしどり夫婦仲良しな関係が微笑ましい(w

普段クールなアッシュがときおりギャグ顔を見せてくれるのも、「ギャップ萌え」という感じで良い。

 

・『となりの吸血鬼さん』

今期の『まんがタイムきらら』系列アニメ……と思っていたら違ったんだなぁ(w)。こちらは『月刊コミックアライブ』系列のアニメであった。

女の子たちが可愛らしいし、適度にギャグも効いている。

やはり毎クールにつき一作品くらいは、このテのアニメを鑑賞したいものだ(w

 

 

 

……以上、今期はちょっと抑え気味に、8作品を鑑賞することとします。

最初は『宇宙戦艦ヤマト2202』も見ようかと思ったけど、よく考えてみればアレって、すでに劇場上映されててDVDも発売されてるんですよね。なら、そっちを見たほうが手っ取り早いか(w)、ということで視聴リストから外した次第です。